2008/11/5


GSX1100S用のエンジンがお化粧直し+ミッション抜け対策でやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します


まずはバルタイを計測中。


プラグの焼けはええかんじです。

クリックすると元のサイズで表示します


自分で加工したヘッド、シリンダーですので試験を受けた気がします。

合格かな?オーナーさん

燃焼室もこんな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します


バラシ始めるとあっという間なので今日はこの辺で止めときます。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンの中央にある傷はバルタイをとる前に上死点を出すときに付いた引っかき傷です
1
タグ: エンジン



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ