2009/2/16

笑う〜♪ダブサン その弐  ヘッド修理_moto

ヘッドのオーバーホールで度々登場するガソリンバーナーです。

クリックすると元のサイズで表示します


これをきちんと使わないとうまくいきません。

製作したガイドとそれに使用するブローチリーマです。

クリックすると元のサイズで表示します


下穴をΦ6.7で仕上げてからΦ7のブローチリーマで最終的に寸法を合わせてます。

ガイドを焼きバメした後、充分冷やしてからシートカットを行います。

排気側はカットする量も少なく良好です。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし吸気側は個体差なのかガイドの穴に対してシートリングが若干ずれています。

鋳込みのシートリングということで仕方が無い部分ではありますが実使用に関しては問題は無いと判断してます。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドも最小研摩を行いますが、オーナーには「程度が良いのでは?」と伝えてましたが実際に研摩を始めると歪みがかなりありました。

クリックすると元のサイズで表示します


画像では外側部分だけ削れていて中央部分はほとんど削れません。

こういった部分もきちんと手を入れてやることで今後のオーナーとエンジンとの付き合いが良い関係であり続けるとtani的には信じて作業しています。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ