紹介動画  バイク

以前周南ケーブルテレビで紹介された動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=WQLpcA565VM

7

2020/7/7

KH400 クランクシャフト  バイク


クリックすると元のサイズで表示します


バラバラにして組み直し。結構難しい。
続きを読む
2

2020/6/29

(無題)  バイク

4年前に自分が組んだエンジンが里帰り?

クリックすると元のサイズで表示します


カムを交換してさらに好感触を得るためのモディファイ。

多少やれ感はありますがまだまだ完調。

これからも頑張ってもらいます!
6

2020/6/26

(無題)  バイク

このシリンダーを組むために!

クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む
5

2020/5/12

Z2A4_次世代に!  バイク

今回使用するのは純正オーバーサイズピストン。

クリックすると元のサイズで表示します


手に入るだけでもありがたい。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドガスケットはPAMSさん製Φ65用。

クリックすると元のサイズで表示します


でもこのパーツが廃盤になっていてびっくりです。

まさかのテンショナアッシーが廃盤って?

クリックすると元のサイズで表示します


新品のヘッドを再販して爆売れしてもテンショナが無いと意味ないんでは?

PAMSさんでリビルトができるそうなので次回からはそれでなんとかしのぎます!

ノーマルカムでノーマルオーバーサイズピストンではありますがバルタイを計測。

クリックすると元のサイズで表示します


カムチェーンは強化タイプ(+TANIバージョン?)、トップアイドラーはA4とかD1はZ1とは違うタイプが付きます。

クリックすると元のサイズで表示します


完成したので記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





続きを読む
9

2020/4/18

CB750F_テンショナボルト穴補修  バイク

フライス盤のヘッドをかなり傾けて・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
5

2020/3/7

(無題)  バイク

こうなるのがオーナーの妄想・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


Φ39にボーリング、ホーニングというのは難しかった。
続きを読む
7

2020/3/1

CBR400F クランク  バイク

クランクメタルの合わせ作業。

クリックすると元のサイズで表示します


依頼を聞いた時に「自分でもできるからやれば?」ってお客さんに言った。

実際にケースを何度も締め直したり、ケースボルトが毎回2,3本づつネジ山が抜けてリコイルしたりと苦行に・・・。

クランクの曲がりを直してやっと完成。半日近くゴソゴソやってたような気が?

6

2020/2/23

Z400FX スリーブ交換  バイク

よくある作業なのですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


すこし価格を見直さないといけないかなと。

クリックすると元のサイズで表示します


Z400FXのシリンダーに550用のスリーブが入るようにバレルをボーリングするのですが!

クリックすると元のサイズで表示します


58パイの穴を64パイまで拡大してツバ部分も拡大加工。下面の面だし、スリーブを入れ替えて上面研磨・・・。

なかなか通常のZ1などで行うバレルボーリングと同じ価格設定では厳しいです。
2

2020/2/1

W1  バイク

W1用流用バルブ(Φ7バルブステム)でヘッドはリフレッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します


国産某メーカーのバルブを流用。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブガイドはカワサキ純正ステムシールが付く形状にしながら流用するバルブスプリングに対応する形状で製作。

クリックすると元のサイズで表示します


スプリングロアシートもスプリングとセットで交換。本来ならここでステムシールを組付けます。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブスプリングとリテーナー。(画像ではインナースプリングを入れてません)

クリックすると元のサイズで表示します


リテーナーとコッタも当然セットとなります。

クリックすると元のサイズで表示します


インナースプリングも組んだ状態。

クリックすると元のサイズで表示します


ロッカーアームとの関係もこのような感じとなります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


純正のバルブとはコッタ―の溝位置などが違うためリテーナーの位置が違いはしますがエンジンとして動くために必要な数値(セット長、バルブスプリング圧着長、ステムシールとリテーナのクリアランスなど)は必ず確認が必要です。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ