ロンドンコベントガーデンアカデミー  フラワースクール

11月カリキュラム見本は  こちら  から

お正月アレンジ見本は こちら から
12月クリスマスカリキュラム見本は  こちら  から

2016年クリスマス プリザ壁掛け は こちらから

お正月 プリザ 壁掛けは こちらから

QUEENS FLOWER の ネットショップ


フラワーアレンジメント ブログランキングへ


QUEENS FLOWERのホームページが新しくなりました。こちらから


お蔭さまでYahooニュースに取り上げてもらいました。



今日はコベントガーデンにあるフラワースクールの

コベントガーデンアカデミーでクリスマスアレンジの

レッスンを受けてきました。やっぱり刺激的です。


今まで私が教えている、クリスマスアレンジで

やっぱりこれでいいのね。って再確認したり、

なるほどー こうやって教えてもいいのね。って

新しい技法を習ったりと楽しみながらのレッスン。


明日は違うスクールでクリスマスリースのレッスン。

やっぱり英国式アレンジが大好きなんだと思いました。





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
1

ドイツスタイル  フラワースクール

8月カリキュラム写真は こちら から


QUEENS FLOWER の ネットショップ



人気ブログランキングへ


今日は前から通いたかった、ドイツ国家認定フロリストマイスターの

橋口先生の「フローリストの為の植物造形レッスン」の

「秋のシュトラウス」レッスンに参加させていただきました。


ドイツスタイルは英国式スタイルと似ているところも多いのですが、

何が似ていて、何が違うのかを勉強したかったのと、

生徒として通うことによって、教え方の参考にさせていただこうかと。


まずはレシピを見ながら先生のレクチャーが始まります。

最後に用意されている花と自由に使っていいグリーンをセットして

テーブルに並べてシュトラウス(花束)の製作に入ります。


クリックすると元のサイズで表示します





まずは 「ラウンド・コンパクト」から作ります。

どこから見ても正面になるように、輪郭が詰まっている花束です。

これは私の得意なタイプ。グルーピングで作ります。

一度ひもで縛ってから写真を撮ります。

で、これを崩して・・・



クリックすると元のサイズで表示します





次は「ラウンド高低差」を作ります。1つめのコンパクトと違って

野バラが目立つようにと、グルーピングの同種の花に高低を付けて

先ほどよりもナチュラルに作りました。

で、また写真を撮ってから、また崩して・・・・・



クリックすると元のサイズで表示します




最後に「アシンメトリーのラウンド」にチャレンジです。

ドームなどしっかりした何かの形にならないように気を付けて

2番目の作品よりもって高低差を付けながらも

どの花も全て主張するようにしています。

この3番目のアシンメトリーが一番グリーンを主張してます。

他のはグリーンを埋めと仕上げに使っているのですけど。

これにはグリーンも一枚一枚角度を考えて入れてます。



クリックすると元のサイズで表示します


今回思ったこと。アレンジを習いに行くのって本当に楽しい。

教えてもらえて、刺激になる事ばかりで嬉しいです。

私のレッスンに来てくださる方にも、この満足さがあるように

がんばろって思いながら帰宅してきました。

6




AutoPage最新お知らせ