サイモン・ライセット  フラワースクール

8月プリザ見本は こちら から


8月フレッシュ見本は こちら から


9月プリザ見本は こちら から


9月フレッシュ見本は こちら から



人気ブログランキングへ

今は夏休みでレッスンなどが何もないので、のんびりしてます。

すこしホームページの内容を訂正したり、更新したり。

その作業を行っていたら、私が今まで習った恩師の方の

写真がいろいろ出てきたのでご紹介していきます。


随分前にジェーンパッカー先生のフラワースクールについて

ブログにUPしたことがあるので今回は2回目です。


最近は国内でアレンジメントを習うことがめっきり少ないです。

先生の為の教室っていうのもたまにはありますから、

本当はもっと腕を上げるために習いにいかないとだめですね。


で、今回は私にウエディングブーケの素敵さを教えてくださった

Simon J Lycett(サイモン・ライセット)先生。

ロンドンの南側にお教室があって何度も通いました。

とってもおしゃれさんな先生です。

クリックすると元のサイズで表示します



サイモン先生はかわいらしいアレンジがお得意ですので、

ラウンドボンボンブーケにもキラキラの飾りをポイントにしたり、

リボンをたくさん使うのがお好きです。

英国式というより、最近の作品はモダンになっていますが。


クリックすると元のサイズで表示します




ホームページを拝見すると、最近はレッスンをあまり行って

いないようですが、以前は午前と午後のレッスンの間に

ケイタリングでランチが用意されていました。


シャンパンやワインをおしゃべりしながら飲んで。

このランチに軽くお酒を飲むのは海外でのミーティングでは

よくあることですけど、初めての時にはびっくりしました。

(もちろんその分レッスン代はものすごく高いのですが・・)


クリックすると元のサイズで表示します


サイモン・ライセット先生はチャールズ皇太子のウエディングや、

ディビット・ベッカムの結婚式など英国皇族やセレブリティの顧客

が沢山いらっしゃるイギリスでも有名なアーティスト。


なぜかトイレにベッカムとビクトリアの結婚式の写真が

飾ってありました。(ちょっと笑えます)

クリックすると元のサイズで表示します



スタジオはロンドンの南、テムズ川を越えたあたりで、

倉庫街などがありちょっと治安が悪いと言われれる場所です。

でもその倉庫をうまく改築して、素敵なアトリエになっています。


クリックすると元のサイズで表示します
4

ジェーンパッカー・フラワースクール  フラワースクール

私の趣味の1つには旅行があげられます。 今までも本当にたくさんの

国や地域に行きました。花を勉強しだしてからはどこに行っても市場に

行ったり花屋に行ったり、時間があれば教室にも通ったり。

今までのそうした事が積み重なって私の今があり、教室を開くことが

できるようになったのだと思っています。 こうした私の経験を少しでも

生徒の皆さんに見ていただければと思い

今まで住んでいた時や旅行で行った先で写してきた花や自然を

少しずつブログにて紹介していこうと思います。 


ずいぶん時が経ってしまったものもあるけれど(私が若い・・・)

レッスンのときに折につけて話している事も多く出てきますので私の

花の歴史だと思ってみていただけたらと思っています。



まず1回目は イギリス・ロンドンで教室に通っていた

ジェーンパッカー先生の10月のショーウインドウです。 シンプルモダンな

お店ですので、飾ってあるハロウィン用の飾りもモダンな感じです。

日本でいうボサ菊でしょうか。オレンジのマムが秋らしいです。

日本の菊はオリエンタルの代表として欧米人も大好きな花の1つです。

お店の中も日本のように沢山何種類も花が並んでいるわけでもなくて

その日市場で仕入れたとっておきの花のみを飾ってあるスタイルです。



お店の奥にスタジオがあってレッスンを受けることができます。

地下には広い工房があって何人ものスタッフがディスプレイ用の作品や

オーダーされた商品などを必死に作っています。だからお店がシンプルに

できるっていうものあるんでしょうけれど・・・・

(ずいぶん若い私)とジェーン先生です。 



人気ブログランキングへ





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2




AutoPage最新お知らせ