2013/5/23

1980年5月3日岩国航空基地・その3  1979〜1980

今回は、海上自衛隊からの展示機です。
クリックすると元のサイズで表示します
Shin-Meiwa PS-1 / 5820
1980.5.3 / MCAS Iwakuni
やはり岩国といえばこれですね。
ランディングギアではなく、ビーチングギアしか持たないPS-1は岩国の他は八戸と大村くらいしか陸揚げ出来ないから、どこの基地祭でも見れるものではなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Shin-Meiwa US-1 / 9074
こちらは、どこでも展示出来たUS-1。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki P-2J / 4724 / VP-1
P2V-7を日本独自に改設計したP-2J。P-3Bオライオンに匹敵する能力を持つ、なんて言われていましたっけ。
クリックすると元のサイズで表示します
Sikorsky HSS-2 / 8039 / Komatsushima
クリックすると元のサイズで表示します
Fuji KM-2 / 6286 / 202SQ
クリックすると元のサイズで表示します
Grumman S2F-C Tracker / 9062
対潜哨戒機S2F-1の対潜装備を撤去し、改造製作された輸送型。
改造されたのは僅か2機で、しかも、この年のうちに退役しました。




次回は航空自衛隊kらの展示機です。
0

2013/5/21

1980年5月3日岩国航空基地・その2  1979〜1980

クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas F-4S Phantom II / 155836 / VMFA-232
1980.5.3 / MCAS Iwakuni
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas RF-4B Phantom II / 151981
クリックすると元のサイズで表示します
North American-Rockwell OV-10A Bronco
ブロンコもお馴染みの機種だったのに、いつのまにか過去の存在になってしまいましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
North American-Rockwell CT-39G Sabreliner / 159364
クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed P-3C Orion / 159509
クリックすると元のサイズで表示します
Douglas R4D-6/C-117D / 17253
所謂スーパーDC-3系の機体ですが、1980年の時点で、アメリカ軍で現役ですからね…
発展途上国ならいざ知らず。
クリックすると元のサイズで表示します
Douglas R4D-8/C-117D / 17273
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Douglas R4D-8/C-117D / 50835
それも3機、揃ってましたからね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed GV-1U/KC-130F Hercules / 149799
プローブ&ドローグ方式の、空中給油母機です。
クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed KC-130R Hercules / 160019
これも同じく空中給油母機ですが、これの空中給油装備を取り外したものを、C-130Rとして海上自衛隊が導入する予定になってます。
この#160019も保存状態になっているので、ひょっとしたら日の丸を纏って「帰って」来るかも知れません。
クリックすると元のサイズで表示します
Boeing-Vertol HRB-1/HH-46A Sea Kight / 150951
クリックすると元のサイズで表示します
Boeng-Vertol HH-46D Sea Knight / 152528
0

2013/5/20

1980年5月3日岩国航空基地・その1  1979〜1980

アメリカ海兵隊岩国航空基地の1980年オープンハウスです。
毎年の航空際シーズンの幕開けとして高い人気がありますが、ここ何年かは人気がありすぎるというか、人出が多過ぎて…
ここんとこ、足が遠のいています。
クリックすると元のサイズで表示します
Douglas A3D-2Q/EA-3B Skywarrior / 146459
1980.5.3 / MCAS Iwakuni
まず、海兵隊の作戦用機から…と思ったら海軍機だったけど、それよりも超の字が付くくらいのレア機でした。特に西日本では。
こんな旧式の機体、見れるなんて思ってもいませんでしたから。
事実、これが最初で最後でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今回は、陸海空名称統合前の機種名も併記しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas TA-4F Skyhawki / 154337 / HAWS-12
クリックすると元のサイズで表示します
MxDonnell Douglas A-4M Skyhawk / 158155 / VMA-211
ロービジ的な色使いが多少入っていますが、またまだ派手でした。
クリックすると元のサイズで表示します
Gramman A-6E Intruder / 159183
展示場から離れた区域に駐機していたものですが、こちらは既にロービジです。
クリックすると元のサイズで表示します
Gramman A-6E Intruder / 159904 / VMA-AW-533
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Gramman EA-6B Prwler / 160788 / VMAQ-2
ブラックバニーが人気だった、EA-6Bプラウラー。
クリックすると元のサイズで表示します
Ling-Temco-Vought A-7E Corsair II / 160543 / VA-56
空母ミッドウェイの艦載機。
大概、LTVと略して書くことが多いので今回はキチンとリング・テムコ・ヴォートと記してみました。
もっとも、この社名は1971年までで、その後は流転の日々。ノースロップ・グラマン傘下を経て、今はボーイング旅客機の下請け部品製造などで食い繋いでるようです。
…少し粗い説明なんで、そこはご了承下さい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
BAe(Hawker Siddely) AV-8A Harrier / VMA-542
展示場からデモフライトに向かう、AV-8Aハリアー。
イギリス機の製造社名表記は、いつも悩みます。合従連衡を通り越して、カオスそのものでしたから。
しかも米軍との契約は米国企業に限られるから、ここでマクダネルダグラスと呼ぶのも間違いではない。

…はあ。




あと何回か続きます。
1

2013/5/10

1979年3月2日・熊本空港  1979〜1980

クリックすると元のサイズで表示します
NAMC YS-11-117 / JA8707 / All Nippon Airways
1979.3.2 / Kumamoto Airport
このJA8707も、全日空の訓練所で比較的多く使用された機体の一つです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed L-1011-385-1 TriStar / JA8517 / ANA
こういったタキシングも撮れる場所が無くなってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
Bell206B Jetranger
空港ビルと全日空格納庫の間、現在国際線ターミナルビルが建っているあたりの草地に着陸するジェットレンジャーですが、どうしても登録記号や所属が判読出来ませんでした。
1

2013/3/1

1979年5月27日・目達原駐屯地  1979〜1980

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki-Hughes OH-6J / 31113 / IV
1979.5.27 / JGSDF Camp Metabaru
開場したときに、まだ展示機の準備が出来てなかったという、まあ何というか牧歌的な公開日ではありました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Fuji-Bell HU-1H / 41544 / WH
これ、閉場間際の撤収じゃなくて展示準備中の写真ですから(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
Fuji-Bell HU-1H / 41643 / WH
でも救難展示は迫力ありました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ