2012/11/14

九州新幹線の架線事故  2012

11月12日、熊本駅北側の鹿児島線連続高架化工事の現場でクレーン車が倒れ、九州新幹線の高架の一部と架線を破壊して大混乱となりました。
我が家はこの現場から近く、集まってきた報道ヘリの一群を見ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki BK117C-2 / JA08CH / Nishi Nihon Kuyu
2012.11.12 / Kumamoto-shi Chuou-ku
テレビ西日本(フジテレビ系)で長期チャーターしている機体。
それにしても登録記号が8チャンネル…
クリックすると元のサイズで表示します
Eurocopter EC135T2 / JA36NH / All Nippon Helicopter
こちらはNHKで使用している機体。
これが一番長く現場で旋回してました。

他にも撮り損ねた機体もありました、オレンジ色の入ったAS350とか。
最初、国立病院に入るドクターヘリだとばっかり思ってきたので、報道ヘリと気付かなかったのは迂闊でした。
福岡空港から来て、現場で列を組んで時計回りに旋回。他機がいなくなったときにホバリングしてたのもいたな。
しかし、目撃しただけのものを含めても、ユーロコプター系の天下だなあ。

ちなみに事故を起こしたクレーン車ですが、昨日の夕方現場を見たときは、まだそのままでした。
昔、現場に大きな水路があったのは僕らは見て覚えてるし(埋設されたのは昭和40年頃)、藩政時代の古地図にも出ている。もうちょっとしっかりと調べて工事しなきゃ。





[追記]
事故から3日経っても、アームを外しただけで、まだクレーン車はそのまま。
救援のクレーン車も暗渠を踏み抜くおそれがあるんか?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/11/4

2012年築城基地航空祭・その4  2012

クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki T-4 / Blue Impulse
2012.0.28 / Tsuiki Airbse
さて、いよいよトリのブルーインパルス…
といいたいところですが、今回のトリはF-15JとF-2Aの機動飛行。
近年、ブルーをトリから外して、帰宅客の分散化を図ろうとする意図があるように感じます。
私ら、最後まで粘る者(←自衛隊にとっては、いい迷惑)にとっては、ありがたい配慮です。
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki T-4 / 46-5725 / Blue Impulse #6
ソロ機は、別々に離陸します。
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki T-4 / 66-5745 / Blue Impulse #5
クリックすると元のサイズで表示します
今回の出場機ですが、
#1 46-5728
#2 46-5726
#3 26-5805
#4 46-5730
#5 66-5745
#6 46-5725
予備機は来ておりません。至近の芦屋基地からの展開なので、必要なかったものと思われます。
クリックすると元のサイズで表示します

一応、これで2012築城基地航空祭の紹介を終わりますが、最後にもう一枚。
航空祭の展示機、とは少し違うのですが…
クリックすると元のサイズで表示します
North American F-86-F Sabre / 92-7938
基地のゲート・ガーディアンが皆、塗り替えられていました。
全機を紹介するゆとりはないので、中でもセイバーを。
この機は永らくライトグレーで塗られていて、保存の為には仕方ないかと思っていましたが、やはりセイバーはシルバーに限る!
1

2012/11/2

2012年築城基地航空祭・その3  2012

クリックすると元のサイズで表示します
Fuji T-7 / 66-5939 / 12FTW
2012.10.28 / Tsuiki Airbase
地上展示は、防府北基地のT-7から。
ついこないだ、導入が始まったと思ったら49機で完了してたんですね。
T-3は50機だったから、ちょっと少ない。T-3の事故損耗がゼロだったからでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki T-4 / 36-5811 / 13TFW
これは芦屋基地の教育用機材。
前世紀末にはグレーにディグロゥという機体も少しありましたが、あれ、けっこう好きだったりします。
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki T-4 / 36-5706 / 6SQ
こちらは地元・6SQの連絡機として使用されているもの。
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas FA-18D Hornet / 164953 / VMFA(AW)-242
今回。唯一アメリカ軍からの参加機。
F-16Cすらも来てないってのも寂しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
Boeing CH-47J Chinook / 77-4497 / Kasuga Heli SQ
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas F-15DJ Eagle / 12-8074 / 304SQ
飛行展示も含めて、今回唯一のDJ型でした。
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas F-15J Eagle / 42-8837 / 304SQ
クリックすると元のサイズで表示します
Mitsubishi F-2A / 13-8511 / 6SQ
クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed C-130H Hercules / 05-1085 / 401SQ
最近はライトブルーの機体しか見てないような気がする…
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki C-1 / 08-1030 / 402SQ
クリックすると元のサイズで表示します
Gulfstream U-4 / 85-3253 / ADC
不思議と、どの航空祭でも航空総隊のU-4が。
展示機というか、来賓の送迎?
クリックすると元のサイズで表示します
Lockheed P-3C Orion / 5024 / VP-1
今は防諜のためか、部隊マークが廃止されていますが、鹿屋へ帰って行ったからVP-1でしょう(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
Kawasaki OH-1 / 32627 / III ATH




あとは、ブルーインパルスを紹介したら終わりです。
1

2012/10/31

2012年築城基地航空祭・その2  2012

クリックすると元のサイズで表示します
Hawker Beechcraft U-125A/ 02-3014 / Ashiya RSQ
2012.10.28 / Tsuiki Airbase
飛行展示は、ます救難展示から。
芦屋救難隊からU-125とUH-60Jが来て展示飛行をやってくれました。
写真の元データで見ると、パイロットや捜索窓の中の乗組員の顔まではっきりと見えているのですが、ブログ用に1000ピクセルまで縮小すると、潰れて見えませんねえ…。
クリックすると元のサイズで表示します
Sikorskey UH-60J(SP) / 88-4587 / Ashiya RSQ
実際のところ、このUH-60Jの機動飛行は見応えがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas-Mitsubishi F-4EJ kai / 97-8427/ 301SQ
今年は遂に、ファントムの地上展示がありませんでした。(RF-4Eを含む)
あと何年、ファントムを見ることが出来るのか…。
クリックすると元のサイズで表示します
Boeing AH-64D Apache Longbow / 74510 / III ATH
今後、どこまで機数を増やせるのか、まったく不透明ではありますが、機動飛行は本当に魅力のあるものでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Mitsubishi F-2A / 13-8520 / 6SQ
F-2の飛行展示は、午前と午後の2回、行われました。
波乱万丈すぎる経歴を辿っている戦闘機ですが、メーカーの組立ミスで墜ちた1機は別として、人為的な損耗はない機体で、現状では傑作機といっていい、とは思います。
B型の展示がなかったのは、仕方ないでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas F-15J Eagle / 82-8899 / 304SQ
朝方は雨も残っていましたが、午後には晴れ上がったせいか、あまりベイパーを引いてはくれませんでした。


…続く
0

2012/10/29

2012年築城基地航空祭・その1  2012

築城基地の航空祭に出掛けたのは7〜8年ぶりくらいだったでしょうか。
これといった特別塗装機やめぼしい外来機もなく、地味な印象の基地祭でした。
でも、マニア的には渋いけどレアな機体を見ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
McDonnell Douglas F-15J Eagle / 02-8802 / 304SQ
2012.10.28 / Tsuiki Airbase
え?ただのF-15Jじゃないか?とお思いの向きもおありでしょうが、この世にたった2機しかない、アメリカ製のF-15Jです。
801号は岐阜基地の航空祭で見たことはあるのですが、こういった最初期導入の機体が実験航空団から出ることがあるなんて、思ってもみませんでした。
まさか、築城に来てたとはね。
クリックすると元のサイズで表示します
Mitsubishi F-2A / 13-8564 / 6SQ
こちらは、昨年配備されたという、F-2Aの最終号機です。
やっぱり、生産打切りの決定が、少し早過ぎたように思えてなりません。
発展性に乏しいとかいったって、ドーサルスパインやFASTパックで装備搭載の余力を増やすとか、手はいくらでもあったと思うんですがねえ。

写真は色々撮ったんですが、まだ全然整理できてないんで、この後、何回かに分けて掲載します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ