アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2007/11/13

小浜湾・お遍路旅始めました  サポーターズ

これから小浜湾を少しずつ歩いて回ることにしました。端から歩くと言っても広いので、まずは気になるところから。
初回は若狭浦。内外海地区の堅海トンネルに入る手前、工事船の泊めてある海岸一体にアマモ場が広がっています。そこに胴長を履いて入ってみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します


まず、下りた海岸、砂が茶色。水産前は黒いので不思議な感じ。
貝殻がたくさん打ち上げられています。
クリックすると元のサイズで表示します


さあ、行きましょう。いいお天気やなあ。
クリックすると元のサイズで表示します


堤防のあるところ、手前にコンクリートブロックが入っているので、そこにはホンダワラ類が生え、砂地にはアマモという状態がずっと続きます。アマモは甲ヶ崎のものより随分細いです。
クリックすると元のサイズで表示します


堤防が終わるところまで歩くつもりでしたが、深くてそろそろ危険!で、排水溝から上がることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します


上がってみると田んぼの中の小川です。その先は梅林があって杉林があって山。ここで、目的が変わって里地里山観察会に。胴長を履いたまま野遊びです。
クリックすると元のサイズで表示します


畦にも藪にもいろんな花が咲いて実がなり、蝶やバッタもたくさんいました。こんなチマチマした草花がそのまま海まで続いて、海の中にも生き物や海藻のお花畑ができるんだろうなあ、と思いました。
きっと豊かな里地は豊かな海に続き、荒れた里地は荒れた海につながってしまうんだろうと思いました。
ムカゴやアケビも採って、収穫大の第1回お遍路の旅でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します










クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ