アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/5/27

海の季節がやってきました  関連の催し

各地で様々な講座が開かれます。
どれもこれもおもしろい催しばかり。みなさま、是非ご参加ください。

 ◎指導者養成講座 磯の生き物の観察方法   海浜自然センター主催

 日時  6月7日(土)・7日(日)
 集合場所  福井県海浜自然センター
 
 http://www.fcnc.jp/topics/kouza/isosidousya.pdf
 講師の海野義明氏は、海の自然体験事業の草分け的な方です。おもしろいこと間違いなし!
 http://www.ecotourism.gr.jp/guide100/14_002.html
「海のことはそんなに詳しくないし・・・」という方も気にせずご参加ください。
 

 ◎砂浜の生き物を観察しよう   海浜自然センター主催

 日時  6月14日(土)9時〜12時
 集合場所  西津公民館

 西津浜でケタ網を曳いての観察会。砂浜の役割を県立大富永先生が優しく教えてくれます。
 意外といろんな魚がいておもしろいですよ。
 (この日は午後にアマモの種採りをします)
 http://www.fcnc.jp/topics/kouza/sunahama.pdf


 ◎世界の平和と環境を考える研修 

韓国の南ソウル大学の先生と学生さんが「世界の平和と環境」をテーマに、若狭湾から鳥取までの沿岸に流れ着いている漂着ゴミを回収しながら学習するという教育プログラムのため来日します。
若狭湾の小浜を出発点にして鳥取まで、約200キロの旅です。

 日時  6月15日(日)15時〜
 場所  泊地区にて 激励会と漂着物の回収


 16日、出発式は水産高校と一緒にアマモの看板設置を予定。
 また、200キロを自転車で走破するため、使わなくなった自転車を提供してくれる方を探しておられます。

 お問い合わせ 泊の歴史を知る会 事務局 (担当 大森さん )
 TEL携帯  090-5681-8168 Mail: kazu-o@mitene.or.jp




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ