アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2007/4/29

アマモ種子バンク勉強会  

4月20日に第5回アマモ勉強会(アマモ種子バンク主催)が大阪で開催され、小浜水産高校からは松下先生とダイビング部員2年生二人が、サポーターズからは西野が参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示しますこの勉強会では水産庁がとりまとめた「アマモ類の自然再生ガイドライン」が大きな話題となっており、水産庁漁港漁場整備部計画課 課長補佐の井上清和氏より、ご説明がありました。
定植には近くの藻場で採った種を使うこと。自治体、研究機関、漁協、市民などの協働で行うこと、というのが主な内容でした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますその後、松下先生が、卒業した3年生が行っていた「小浜湾産のアマモの種子の発芽率向上の研究」の発表を、西野が「食のまちづくりとアマモマーメイドプロジェクト」と題して、市や市民の皆さんが一体となって応援してくださっている状況を報告してきました。

詳しくは下記をご覧ください。
http://www10.ocn.ne.jp/~amamo.bk/no5bennkyoukai.pdf



2007/4/8

水産学会で最優秀賞  プロジェクト

3月末に東京海洋大学で開かれた日本水産学会春季大会において、今春の卒業生がアマモの発芽率向上実験についてのポスター発表を行い、高校生部門の最優秀賞を受賞しました。
この学会は水産関係では日本で最も大きな学会。研究者だけでなく裾野を広げようと、今回初めて高校生部門のポスター発表の機会が設けられたそうです。

発表に行ったのは、宇和島水産高校専攻科に進んだ2人。
小浜水産高校の専攻科は漁業科のため、水産増殖関係が専門の2人は、はるか南西の愛媛県に行ったわけです。

この研究はあちこちで数々の賞を受賞していますが、どれも発表の機会を見つけては応募し、生徒たちを発表に連れていく、という顧問の努力と手間ひまがあってのこと。
今回も、宇和島に旅立つ2人に手土産を持たせてやったんだなあ、と感慨ひとしお。

これまでも寮生活だった2人。今度はみかんの美味しい南の国で、みんなに愛されて明るく元気に勉強しろよと思うのでした。

2007/4/4

体当たり取材!  

アマモイベントの楽しみの1つ(?)は報道陣の体当たり取材。
今回のMVPは中日新聞の泉くん。ウエットに着替えての取材。
クリックすると元のサイズで表示します

中日新聞さんは社の方針なのでしょうか、前任のオックーもダイビング経験一切なしでドライスーツを着て2月の海に飛び込もうとしました。実際には膝の深さまででしたが、新聞社の中で唯一、陸からではなく海側から撮った写真を載せたのでした。

そして以下のURLから泉くんの記事も見てください。わかる人にはわかる海側からの写真です。
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20070404/CK2007040402005802.html

続きを読む

2007/4/2

それぞれの春  

4月を迎え、卒業生たちは近くは地元の企業から、遠くは宇和島水産高校の専攻科まで、それぞれの新しい職場、学校へと旅立っていきました。

そして、大人たちにもそれぞれの春。
ダイビングクラブ顧問の小坂先生は2年間、県立大学の修士課程に内地留学。食品工業の先生として専門性を高めるべく、ヘシコの研究をするんだそうです。
代わりにこれまで副顧問だった松下先生がダイビングクラブ顧問に。
そして、この春、海洋大学を卒業したばかりの藤原先生が副顧問に就任されるそうです。

続きを読む

2007/4/1

キット定植無事終了  プロジェクト

3月31日(土)里親のみなさんに育てていただいたアマモの苗を西津漁港横に植えました。雲間から青空が覗き、ふんわり春の暖かさとなったこの日、100人の手で500近いキットが植えられました。
クリックすると元のサイズで表示します

1人でやってきた地元の小学校1年生からおかあさんと一緒にやってきたお隣りの若狭町野木小学校の小学生。
石川・富山・新潟の海洋高校から来てくれたダイビング部員たち。そして、県立大生。
消費者協議会やロータリークラブ、ソロプチミストの皆さん。そして敦賀から応援に来てくださった方々。
回を増すごとにどんどん知らない顔が増えてきて、何だか不思議な気分。
クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ