アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2007/12/26

ソロプチミスト若狭さんキット作り  プロジェクト

12月26日、国際ソロプチミスト若狭さんの今年最後の例会で、アマモキットを作っていただきました。
実は、ソロプチミストさんはサポーターズの団体会員第1号で、キットを育てていただくのもこれが3回目です。
クリックすると元のサイズで表示します


例会会場の小浜市婦人の家に、ダイビング部員たちが種とビン、塩水、砂を持ってお伺いし、例会が始まる前に皆さんで作っていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します


3回目というと手馴れた方も。でも、いろいろ研究が進んでいるので、毎回少しずつやり方や注意点が違います。
クリックすると元のサイズで表示します


今回はスペシャルバージョン。ソロプチさん専用の番号シールを作りました。数字の右横の黒いマークがソロプチさんのマークです。
ちなみに左側のマークは今年の共通マーク。部員の柴田君作のアマモマンです。
クリックすると元のサイズで表示します


「これまで2回とも生えなかったんですけど・・・」と心配そうな方も。
大丈夫!今年は絶対生えます!!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/25

事件発生!  プロジェクト

「お電話、今、よろしいですか?なんか、また、たいへんなこと起こっちゃったみたいなんですー。」と久しぶりに緊急性を感じさせるTaizan先生からの電話。
「実は今、連絡があって、栽培センターで保存してもらってた種が、大量に発芽しちゃったみたいなんです。さんパニクッてるみたいなんですけどー、今、私、小浜にいなくてー。どうしましょ?」「あ、じゃあ私、行って見てきます!」

種が発芽するのは悪いことではないのですが、今、置いてあるのは1月の里親大作戦や小学校でのキット作りに使うための種。先に芽が出てしまうと、ちょっと困るんです。

車を飛ばして堅海へ。そして見たものは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜ら、びっくり!そういえば昔、キットで育てたカイワレ大根を思い出す。いや〜、想像以上でした。2袋に分けて保存していたうち、1袋がこの状態。もう1袋は少し発芽しているだけでセーフでした。

白い髭のようなものは「上胚軸」と言って、発芽条件が整ったときに光があることを確認するために出てきます。確認できると、上胚軸に沿って緑の葉っぱが出てきます。
この種は不織布の袋に入れて、竹炭の砕いたものをたくさん入れたネットの中に埋め込むようにして入れ、海水の入った大きな水槽で保存していました。
光を探し求めて、上胚軸は2〜3cmも伸びていたのです。ごめんね、暗い中、随分探し回ったであろう・・・。

Taizan先生に電話すると「そうですか。めでたいですね。そんなに発芽するなんて、今年の種の保存方法、間違ってなかったんですね。去年いろいろ手を尽くしても、発芽率20%どまりでしたから、それ考えるとすごいことですね。ま、後のことはゆっくり考えましょう。」
なんとも素晴らしい前向き発言!失敗は発明の母、ここからまた新しい道が開ける予感!

そして、翌日。
すっかり落ち着きを取戻したさん。アヤハ(ホームセンター)で買ってきた種蒔き用のポットに海砂を入れ、一粒一粒丹念に植えていったのでした。
クリックすると元のサイズで表示します


そして、ゆらゆらと海水の水槽に沈めていきました。
これでうまく育ったら「式カレールー方式」と名付けるんだそうです。うまくいくといいなあ。
クリックすると元のサイズで表示します


今回、久しぶりの大事件。そういえば、2年前にもそんなことあったよなあ・・・と思い出しました。これもまたいい思い出になるのでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/amamoboys/7508061.html

2007/12/23

食育フェア盛況でした!  WAKKA

12月22日、小浜市市民体育館で「御食国若狭おばま食育フェア」が開催され、わかさWAKKAフォーラムの面々で出展しました。
私たちは「ふるさと発 人にも自然にもやさしい食べ物を」をテーマに、10月の「やさしさ宅急便」での「おひさまカフェ」のメンバーを中心に出展しました。
クリックすると元のサイズで表示します


有機や無農薬・減農薬の米や野菜、地場産品で作ったお寿司やお餅は売れ行き上々でした。
クリックすると元のサイズで表示します


今回の新しい試みは「アトピッ子部会」の設立。アトピッ子の子育てをしてきた経験者のお二人が中心に、展示と試食のコーナーを作ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します


全体テーマの「お正月」に合わせて、アトピッ子のためのおせち料理。豪華です!
クリックすると元のサイズで表示します


更に、舞鶴で活動しているアトピッ子の親の会「おにぎりクラブ」の皆さんが作ってくれたクリスマス用のケーキやパン。牛乳も卵も使ってないけど、おいし〜い!!
クリックすると元のサイズで表示します


大盛況で1日中、試食や相談の人が絶えず、改めて、ことの深刻さを感じました。

WAKKAフォーラムでは、2月24日(日)にアトピーやアレルギーに関する講演会を開催する予定です。「かくたこども&アレルギークリニック」の角田和彦先生をお招きします。
http://homepage2.nifty.com/smark/
詳しくはまたお知らせします。




2007/12/16

シート定植無事終了  プロジェクト

12月15日、朝。
天気予報では80%雨だったのに、晴れ間が見える。うれしいなあ、今日は定植日和!
朝早くからダイバーが続々集まってくる。今日は水産高校の先生、生徒に加え、新潟、富山の水産高校からの応援と県立大生の応援。更に大阪から駆けつけてくれたサポーターズダイバー、そして、紅一点はサポーターズで栽培漁業センター職員の智ちゃん
今年はみんなお揃いで新品のドライスーツ!
(ソロプチミスト若狭さん、若狭ロータリークラブさん、小浜信金さんより寄贈)
体中にホッカイロを貼って準備です。
クリックすると元のサイズで表示します


9時になるとサポーターズの皆さんや一般参加者の方々が集まり始め、東洋建設さんの指導を受けながらシート作り。これも今回で4回目なので、皆さん手馴れたものです。
クリックすると元のサイズで表示します


出来上がったシートを海に運ぶ頃、雨が降り始めます。ああ、やはりアマモ日和
それにもめげず、定植場所前で記念撮影。やっぱりお天気が荒れてこないと気持ちが乗りません(?)
今年は、この真後ろの浅瀬と少し沖に植えます。
クリックすると元のサイズで表示します


ダイバーたちはタンクを担いで、いざ、海へ。
クリックすると元のサイズで表示します


ダイバーを見送ってから、陸上班は屋内に入り、県立大学海洋環境工学研究室院生の竹内さんから「小浜湾におけるアマモ場造成の適地選定」に関する研究発表を聞かせていただきました。海流や底質を分析して適地をシュミレーションしたもので、今後の定植の参考となる内容でした。
クリックすると元のサイズで表示します


その後、水産高校とサポーターズのこの一年の活動報告のあと、お待ちかねのキット作り。毎年、楽しみにしてくれている人も多く、ありがたいです。
今年は栽培漁業センターさんの協力がいただけたことで、種の追熟・保存状態が非常によく、きっと発芽率もよいと思います
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


最後にかみなか農楽舎さんら提供の豚汁とおにぎりを、水産高校PTA母親会の皆さんが振舞ってくれました。
4回目となるシート定植でしたが、こうやっていろんな方々のご協力で、毎年毎年進歩していっています。
2008年、またどんな発展となるか、楽しみです。

中日新聞に掲載
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20071216/CK2007121602072472.html

2007/12/8

横浜・海の森つくり大会速報  プロジェクト

12月7日・8日に横浜で「第5回海の森つくりフォーラム」開かれれ、「世代を超えた連携による自然再生活動」というテーマの中で、小浜水産高校ダイビングクラブが発表をしました。

「アマモ劇場」を上演したそうですが、大反響だったそうです。
他は小学生の発表が多く、その付き添いのお母さんたちが携帯で写真を撮りまくっていたそうです。横浜の若いお母さんたちに受けるなんて、なかなかやりますね。

なお、フォーラムの内容は下記をご覧ください。要旨集もダウンロードできます。
http://www.amamo.org/new_page_51.htm

☆緑の着ぐるみは横浜のアマモキャラクター「アマモン」
クリックすると元のサイズで表示します

☆左から2人目、胸に「へ」の字をつけたのは我らが(?)ヘドロマン!
 正義の味方「アマモマン」より悪役の「ヘドロマン」のほうが小学生に人気!
クリックすると元のサイズで表示します


2007/12/7

食育フェアに参加します  お知らせ

「食育のつどい 御食国若狭おばまのお正月」
12月22日(土)9時半〜15時半 小浜市民体育館

にて開催されます。(主催:小浜市・NHKエデュケーショナル・農文協)

ステージイベントとブースの出展があり、食に関係する様々な体験講座や試食・販売・展示などがあります。

アマモ関係では、水産高校のブースでアマモマーメイドプロジェクトの活動展示があります。
また、わかさWAKKAフォーラムでも「ふるさと発 人にも自然にもやさしい食べ物を」ということで、有機・無農薬の農産物や食品の販売やアトピっ子のためのおせち料理の試食展示などを行います。

屋外では様々な振舞いがありますので、みなさんお腹をすかせて来てください。
なお、イベントのたびに気になっていた発泡容器と割り箸の使い捨て。今回はリユース食器と若狭塗り箸を使うことになりました。うれしいですね!

詳しくは小浜市のホームページよりどうぞ。
http://www1.city.obama.fukui.jp/category/page.asp?Page=418

2007/12/5

アマモ定植イベントご案内  プロジェクト

アマモ定植イベントの予定が下記のように決まりましたので、お知らせします。
天候や都合により、時間や内容に多少変更が出ると思いますが、ご了承願います。

12月15日(土) 午前9時〜
水産高校にて  雨天決行!


■プログラム■
☆9時集合  アマモシートづくり
   <10時頃 ダイバー潜水による定植開始>

☆10時〜   持ち帰り用アマモキットづくり

☆10時30分〜 講演「県立大におけるアマモ関連研究について」 
          県立大海洋環境工学研究室

☆11時20分〜 活動報告・連絡等

☆11時40分〜 あったか鍋の振舞い 解散

2007/12/1

アマモシート定植日決定!  お知らせ

皆様、お待たせしました。アマモシートの定植日が決まりました。
12月15日(土)午前の予定です。
詳細は決まり次第お知らせします。

チラシも何とか区長発送に間に合ったので、小浜市内には「広報おばま」とともに月末に全戸配布されます。
学校や公民館、団体宛てのポスター・チラシはこれからになりますので、必要な方はご連絡ください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ