アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/1/31

アマモ勉強会@  サポーターズ

1月26日、里親大作戦、サポーターズ総会に続き、午後からはアマモ勉強会をしました。サポーターズの皆さんだけでなく、県立大の教授や学生さんもたくさん参加してくれたので、会場は思いのほか満杯となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは東京海洋大学・海洋生物資源学科准教授の藤田大介先生より「魅力あふれる若狭の藻場」と題した講演をしていただきました。
先生は長く富山県の水産試験場に勤めておられたので、特に日本海側の藻場には精通されておられます。
<藤田先生講演録>http://blue.ap.teacup.com/amamo/html/fujita.doc
続きを読む

2008/1/31

アマモサポーターズ総会  サポーターズ

2回目目となるサポーターズ総会。
アマモの種を植えて、芽が出て、というサイクルを考えると、通常の4月〜3月という年度区切りでは中途半端になるため、アマモサポーターズは1月〜12月を一年度としています。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは2007年の活動報告から。
アマモの定植、というベースの活動に加え、昨年はヒラメを放流して藻場の役割を調査しようとしたり、山から海までのネットワーク(わかさWAKKAフォーラム)を作り、イベントに参加したり、と、まとめてみたらいろんなことをしていました。


続きを読む

2008/1/31

1/26里親大作戦  プロジェクト

今年で2回目となる食文化館での里親大作戦。
朝10時。今日もザクザクザクと人が集まってきてくれました。

今日は3年生最後の「アマモ劇場」。
インフルエンザが治りかけのヘドロマン。それでもなんとかがんばります。
見るたびに小物が凝ってバージョンアップしていく劇。でも、今回は小学生が少なかったせいか、ちょっといつもより受けが悪かったのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2008/1/27

無事終了しました  サポーターズ

クリックすると元のサイズで表示します


里親大作戦、総会、講演会、新年会。無事終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
写真班からの写真が届き次第、詳しくレポートします。
総会に参加できなかったサポーターズ会員の皆さん、賛助団体の皆さんには、近々総会資料をお届けします。

事務局メンバーの皆さん、資料作りと発表お疲れ様でした。
1年をまとめる、というのはたいへんな作業だけど、「あ〜これだけやってたんだなあ」と振り返る良い機会になりました。
振り返ると随分いろいろやっているのに、自分の中では「去年はあまりできなかった」という印象がありました。欲張りなんですね、きっと。
続きを読む

2008/1/5

新春里親大作戦・総会・勉強会について  お知らせ

1月26日(土)に食文化館において、アマモ関連イベントを行います。
総会以外はどなたでも自由にご参加ください。

プログラム予定

10時〜11時 アマモ里親大作戦2008 キット作りとアマモ劇場 1Fホールにて

11時〜12時 アマモサポーターズ総会(会員対象) 2F視聴覚室にて

13時〜16時 勉強会 2F視聴覚室にて
        「魅力あふれる若狭の藻場」
          藤田大介氏(東京海洋大学准教授)
        「市民との協働による横浜のアマモ場再生」
          工藤孝浩氏(神奈川県水産技術センター 主任研究員)

参考:
http://liaison.s.kaiyodai.ac.jp/db/profile.php?yomi=FUJITA,+Daisuke
http://www.amamo.org/index.htm
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/amamo/no1.html

2008/1/5

謹賀新年  

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します


昨年も12月に海浜自然センターで「海藻おしば」をさせていただき、できた作品で年賀状を作りました。
今年の題名は〜海松(ミル)〜「海にも森にもたくさんの物語」としました。
海でも森でもきれいな水があるところに植物が茂り、動物が集まってくるのは同じだな、と思い、海のもので森を表現してみました。

昨年は若狭全体で自然や環境関連の活動をしている人たちとのネットワークを作りたい、ということで「わかさWAKKAフォーラム」という緩やかな集合体を作り、一緒にイベントをしたり、交流や協力をし合ってきました。

たくさんの方々と出会い、いろんな話をさせていただきましたが、本当にそれぞれの場所で様々な物語があるのを知りました。
海だけでも知れば知るほどおもしろく、奥深く、発見に満ちているのですが、同じように、山にも川にも里にも、奥深い物語がたくさんあり、それを語ってくれる人がいます。

今年は「水」をキーワードにして、それぞれの話をつなげ、全体化し、若狭の自然をひとまとまりのものとして考えていけるような活動ができればと思っています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ