アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/4/30

磯観察会のお誘い  関連の催し

「昨日、海に行ってきたんだよ♪」と言ったら「私も行きたい〜!」という人がいたのでお誘いです。今度の土曜日です。まだまだいいお天気みたいですよ♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





「磯の生き物観察会」
日時  5月3日(土)9時〜12時
場所  福井県海浜自然センター(若狭町食見)


持ち物 軍手・帽子・ぬれてもいい服装・着替え・ぬれても良いクツ・タオルなど
申込み 福井県海浜自然センター
     0770−46−1101 kaihin@fcnc.jp
    あるいは、アマモサポーターズ西野まで

詳しくはこちらから
http://www.fcnc.jp/topics/kouza/kouza.html
http://www.fcnc.jp/go/iso/iso.html




2008/4/29

海シーズン到来!  プロジェクト

「今年は調査をしっかりやるんだよね」「そう、まずは下見ですねえ。そろそろ海藻がきれいですよ。一緒に行きますか?」「はい♪」ということで、海に潜ってきました!
「うれしいなあ、ゴールデンウィークに海に入るなんて!何年ぶりだろ?ひいふうみー・・・きゃー20年ぶり〜」そう、これもダイビングショップでバイトしていた頃以来。ふと「〇〇の冷や水」という言葉が浮かぶ。いえいえ、海は命の源、若返りの水ですから!

まずは、甲ヶ崎のアマモ場へ。
行くはずが、私が到着したときには、既に下見終了・・・
ここでは、去年のアマモがたくさん残っていて、新しい葉は少なかったそうです。魚はハゼなどが結構いたそうです。

ここであやしい動き発見!
県外から来たと思われる数人のグループがアマモ場付近でアサリ採りをしていました。「じょれん」を持って。このじょれん、というやつ、歯のたくさんついたクワみたいな形をしていて、貝を採るにはバッチリ!の道具。でも、アマモ場で曳くと、アマモも根こそぎ採られてしまうのです。なんとかせなな〜。
http://www11.ocn.ne.jp/~tenagaab/old/2003/mizube3_2.htm

そして、私たちは堅海へ。いいお天気
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2008/4/28

アマモ場の調査活動について  プロジェクト

遅々とした歩みながら毎年確実に何かが進んでいるアマモマーメイドプロジェクト。今年はやっと、本格的な調査活動に乗り出せそうです

年度初めとして欲張りに計画を立ててみました。どこまで出来るかわからないけど、ブログに乗せることで決意表明&担当者にプレッシャー

1.アマモ場の分布調査  主に甲ヶ崎、若狭浦、仏谷地区
  船からGPSを使って分布域を地図上に落とし、潜水調査でサンプリングし、遺伝子解析まで行う予定です。

2.アマモ場の生物調査  主に甲ヶ崎地区
  月1回、定期的にサーフネットを曳いて、アマモ場の生物層の移り変わりを調べます。

3.聴き取り調査
  昭和中期頃の小浜湾の様子、アマモ場の様子などを聴き取り調査します。

日程等決まりましたら、またブログでお知らせしていきます。
ご協力いただける方、また、学校などで一緒に研究をしたい、というような希望がありましたらご連絡ください。

2008/4/27

写真講座に行ってきました  WAKKA

曇りの予報が外れ、朝からいいお天気。今日は若狭森林の会主催の写真講座に行ってきました。

Why?@
こうやってブログを書いていると、自分の写真のヘタさ加減が気になるのです。もうちょっとどうにかならんもんかい!と。
Why?A実は今日の講師の桝野正博さんとは、20年来の再会なのです。
http://kazesan.exblog.jp/
クリックすると元のサイズで表示します

私は金沢のダイビングショップでバイトしていたことがあって、そのとき、お店のツアーで沖縄・慶良間諸島にご一緒したことがあるのです。
当時見せていただいた桝野さんの写真はとてもインパクトがあって、それ以来ずっと私の中での写真家ナンバー1はこの方でした。
私はダイビングが縁でアマモの活動を始めたので、私のルーツに近いところにいらっしゃる方とも言えます。

まず、鹿島の蔵夢に集合して心構えなどお聞きし、その後外に出て、歩きながらの講座となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

海岸通りをぞろぞろ歩きながら、視線の高さを変えること、光と影、逆光を生かすことなどを教えてもらいました。 


続きを読む

2008/4/23

アマモの引っ越し  プロジェクト

4月17日(木)

 冬の間、たくさんの方々に育てていただいたアマモの苗。5月の定植までの間、葉っぱがのびてきても大丈夫なように、今年は栽培漁業センターの水槽へ移し替えることにしました


 今日は、150個の苗を水槽に移します。
クリックすると元のサイズで表示します

 まず、瓶からアマモを取り出して
クリックすると元のサイズで表示します

 かごの中に入れました
クリックすると元のサイズで表示します

 続いて、水産高校ダイビング部の腕のみせどころ!ロープワーク
クリックすると元のサイズで表示します

 みちゃいられない!と先生
クリックすると元のサイズで表示します

 土がまいあがらないよう、そ〜っと水槽へ
クリックすると元のサイズで表示します

 引っ越し完了!ほっ
クリックすると元のサイズで表示します

 定植は、5月18日(日) 11時〜12時 西津漁港東側横にて行います。みなさんと一緒にアマモを海へ戻したいな。ご参加いただけたら、うれしいです


2008/4/9

福谷に新アマモ島!  

よく晴れた春の日、久々にアマモを見に行きました。
場所は西津福谷。いつも手植えする、西津漁港横よりもう少し先の小さな川が流れ込む場所。
ありました!! しっかり群落が出来ています。4つばかり。
クリックすると元のサイズで表示します

ここは昨年、新潟と富山の水産高校の方たちがタンクを背負って植えたところ。子どもたちも滑りそうになりながらお手伝いしてくれたところです。
山からの水が流れ込むからいいんじゃないか、という予想通り、しっかり新アマモ場ができていました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

見てみたい方は、この風景が目印。漁港方面から福谷方面へいくとオンボロのバスがあって、その先です。川からの土砂で、周囲より浅くなっているのが目印です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ