アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/5/27

海の季節がやってきました  関連の催し

各地で様々な講座が開かれます。
どれもこれもおもしろい催しばかり。みなさま、是非ご参加ください。

 ◎指導者養成講座 磯の生き物の観察方法   海浜自然センター主催

 日時  6月7日(土)・7日(日)
 集合場所  福井県海浜自然センター
 
 http://www.fcnc.jp/topics/kouza/isosidousya.pdf
 講師の海野義明氏は、海の自然体験事業の草分け的な方です。おもしろいこと間違いなし!
 http://www.ecotourism.gr.jp/guide100/14_002.html
「海のことはそんなに詳しくないし・・・」という方も気にせずご参加ください。
 

 ◎砂浜の生き物を観察しよう   海浜自然センター主催

 日時  6月14日(土)9時〜12時
 集合場所  西津公民館

 西津浜でケタ網を曳いての観察会。砂浜の役割を県立大富永先生が優しく教えてくれます。
 意外といろんな魚がいておもしろいですよ。
 (この日は午後にアマモの種採りをします)
 http://www.fcnc.jp/topics/kouza/sunahama.pdf


 ◎世界の平和と環境を考える研修 

韓国の南ソウル大学の先生と学生さんが「世界の平和と環境」をテーマに、若狭湾から鳥取までの沿岸に流れ着いている漂着ゴミを回収しながら学習するという教育プログラムのため来日します。
若狭湾の小浜を出発点にして鳥取まで、約200キロの旅です。

 日時  6月15日(日)15時〜
 場所  泊地区にて 激励会と漂着物の回収


 16日、出発式は水産高校と一緒にアマモの看板設置を予定。
 また、200キロを自転車で走破するため、使わなくなった自転車を提供してくれる方を探しておられます。

 お問い合わせ 泊の歴史を知る会 事務局 (担当 大森さん )
 TEL携帯  090-5681-8168 Mail: kazu-o@mitene.or.jp


2008/5/27

アマモ種採り 参加者大募集!  お知らせ

海の中ではアマモが花盛りです。
甲ヶ崎海岸に行くと、花や種をつけた流れ藻も打ち寄せられ始めています。
間もなく種採りシーズン到来!
今年はいろんな実験もしたいので、例年より多めに採りたいと考えています。皆さんのご協力、よろしくお願いします。

・6月14日(土) 午後 甲ヶ崎海岸にて
午後から潮が引き始めるので、午後遅めの時間から始めたいと思います。
詳しい、時間、集合場所は決まり次第連絡します。

正味1時間ほどの楽しい作業です。濡れない採り方もありますので、老若男女問わずお気軽にご参加ください。
昨年の種採り風景
http://blue.ap.teacup.com/applet/amamo/120/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/amamo/123/trackback

前後の10日ほど、主に平日の3時以降、ダイビング部や県大生で種を採り続ける予定です。
平日空いている方はこちらにもご参加ください。また、小学校や団体で種採りをしたい、という方もご相談ください。
 

2008/5/20

若狭水紀行「どんぶらこ」始まります  お知らせ

 「海に流れ込む水のことを、海以外の人と一緒に考える」 を目的に企画した連続講座。2年半で12回の若狭の水を巡る旅が始まります。
まず、最初は南川の奥の名田庄地区から始め、どんぶらこどんぶらこと川を下りながら開催していきます。
山の人、川の人、里の人、地下水を守る人などなど、いろんな方々に登場していただく予定です。お楽しみに!

◎第一話 「名田庄の今昔川語り」 
  日時   6月1日(日) 13:30〜15:30
  場所   あっとほ〜む・いきいき館
(おおい町名田庄下)  

  語り手  山の達人 岡勝治さん   鮎採り名人 中塚寛さん
  聞き手  NPO法人 森林楽校・森んこ 萩原茂男
       県立大海洋生物資源学科 田原大輔助教


ある日、じいさんが言うた「今の川は死んどる。」 
「えっ!こんなにきれいなのになんで?」
どうやら昔の川は人も生き物も、もっともっと賑やかやったらしい。
昔の「生きた川」てどんなんやったんやろ?何が変わってしまったんやろ?
みんなで話しでもしよかいな。

上流で魚やカニを採っている人たちは、私たち以上に環境の変化を敏感に感じておられ、また海とのつながりもしっかりと感じておられます。そんな話を聞きながら、みんなで語り合いませんか?

2008/5/19

まぼろしの鯖寿司  サポーターズ

クリックすると元のサイズで表示します

アマモイベントの楽しみの一つがお昼ご飯
今回は「まぼろしの朴葉包み鯖寿司」です!
さて、何がまぼろしかと言うと・・・地元の超こだわり素材を元に、プロの指導で、下ごしらえから3日かけて、10人がかりで作られたからです。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったよ〜

続きを読む

2008/5/18

旅立ち  プロジェクト

いいお天気。
対岸の新緑が、近く鮮やかに見える今日の良き日に、僕たちは海へと旅立つことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんなところから、冬の間僕たちのめんどうを見てくれた里親のみなさんが集まってくれました。
小学生も高校生も大学生も大人も、そして赤ちゃんも。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します









まずは、去年までの定植で群落ができているところをご案内。
お天気や濁りでなかなか陸からは見えにくいことが多いのですが、今日はバッチリ。
しかも、生えているところが随分広がったりで、皆さんには、結構歩いていただきました。初夏を思わせる海風。気持ちいいなあ。

そして、2ヶ所に分かれていよいよ作業開始です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します












続きを読む

2008/5/15

これな〜んだ?  

 先日の海底清掃では、高校生の子たちが海の中のゴミを拾ってくれました。あれっ?これって何やろう???持って帰って調べてみました。

 正体は、ツルモという海藻でした。こ〜んなにひょろひょろしていますが、れっきとしたコンブの仲間だそうです。コンブと言えば、北海道ですが、小浜の海にもコンブの仲間がいるんですね〜
         クリックすると元のサイズで表示します

 今週末は、アマモの定植ですね〜。いいお天気になりますように

2008/5/11

海中清掃無事終了♪  プロジェクト

「雨藻」と書いてアマモと読む、と言っても信じそうなくらい、私たちのイベントは雨に恵まれ(?)る。でも、海中清掃が雨になるのは初めてかな。

例年通り、前日から市役所環境衛生課の2tトラックが横付けされ、H竹材店の軽トラも借り、ゴミ袋もたんまり用意し、準備万端。やるぞ

今回は小浜市の「ユースチャレンジャー」という25才以下の若者たちのボランティア隊も手伝ってくれることに。
そして、ヨット部や柔道部も協力し、サポーターズも合わせ総勢70人でスタート!

でも、あれ?ゴミがない・・・
結局、大物はタイヤ2本だけ。ゴミもポリ袋4つほど。ゴミの数より人の数のほうが多い、という状況で、早々と清掃活動は終了したのでした。。。
「1年に1度とはいえ、やったらやっただけ違うんだね」と毎年参加しているサポーターズのみなさんは感動。

更に、これまでに植えたアマモが定着しているポイントに目印の棒を立てていったところ、次々と棒が並び、なんと17箇所。サポーターズのCHUさんがビデオを撮ってくれたのでご覧あれ。まるで天然のアマモ場のようです。
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48153007/48153007peevee157844.flv


続きを読む

2008/5/8

あやしい探検隊川へ  

ゴールデンウィーク最終日、晴れ
あやしい探検隊、今日は川へ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します









ここは、南川の中流、谷田部の堰堤。
県立大学で海と川を行き来する魚の研究をされているT先生と、我らが水中写真家Kozakana君。海から遡上する天然アユの撮影に来たのでした。
アユは中流で孵化した後、海に下って冬を越し、水が温み始めたころ、再び川に上っていくのだそうです。T先生のお話によると、どうやらアユは海に下っても回遊するのではなく、河口に近いところで過ごす、ということが最近の研究でわかってきたそうです。

ということは・・・ここでは西津浜付近にいる可能性が大で、そこの環境が大きく影響するのでは、ということです。昔に比べ天然アユはめっきり少なくなっているのですが、その要因として、川の環境悪化ももちろんだけど、海の環境悪化の影響も見過ごせない、と。
というわけで、今回、一緒に川にやってきたのでした。 


続きを読む

2008/5/5

社会起業家  

この春、関東の経済大学に進学した青年が「連休だから小浜に帰ってきた」と連絡をくれた。
そして、今、一番「ハマッテいる」講義の話をしてくれた。土肥将敦氏の「社会起業論」。学内で2番目に人気のある講義で、300人教室で立ち見まで出るらしい。
http://www2.gol.com/users/doidoi/doi_lab/main/lecture.html

実はちょうど私も1月ほど前に「社会起業家」という言葉を知り「チェンジメーカー・社会起業家が世の中を変える」という本を取り寄せたものの、積読状態でまだ読んでなかったのです。
「社会的起業」とは、世の中の様々な課題を、政治活動やボランティア活動ではなく、事業(ビジネス)として取組むことで解決していく、という動きのことです。


続きを読む

2008/5/1

アマモキット定植について  お知らせ

今年もやってきましたこの季節
アマモキットの手植えと事前の清掃活動を下記の日時で行います。
場所は西津漁港東横、新小松原から福谷にかけての海岸です。
◎海底清掃  5月10日(土) 9時〜11時半
 ダイビング部が海中から引き上げたゴミを、陸上で分別してトラックに載せる作業です。
汚れても良い服装で、ゴム手袋をご持参ください。

◎アマモの手植え  5月18日(日) 11時〜12時半 
主に、キット苗を陸上から海中作業班に手渡ししていただきます。滑らないクツでお越しください。
手植え希望者は水着を着てきてください。ウエットスーツ等はこちらでご用意いたします。水深は腰から胸程度です。

里親のみなさん、自分たちが育てた苗が海へと旅立ちます。是非見届けに来てください。今年は一般の方にも多数海に入っていただけるよう、水が温む季節を選びました。いいお天気になるといいですね



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ