アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/12/22

12月調査  サポーターズ

12月19日(日)今日は、久しぶりに高校生と一緒に合同調査です。
クリックすると元のサイズで表示します


アマモ娘たちも初めての参加です。
クリックすると元のサイズで表示します


甲ヶ崎口では、地下茎から新しく出てきたアマモの葉を確認。
クリックすると元のサイズで表示します

10月の調査では15〜20cmほどで、潜らないと確認できませんでしたが、陸からでも確認できるくらいに育ってきました。例年に比べれば、ほんとにまばらになってしまいましたが、それでも残ることは残っています。

甲ヶ崎奥。生育調査中の高校生と合流。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでは高校生と先生が、ドライスーツにタンクを背負って、水中に潜って調査をしています。晴れて暖かそうでも、表面水温は8℃。これでたくましくなっていく1年生です。


最後は北川の丸山橋下。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの「敵」はイバラ。
人の後ろを歩くと、前の人が掻き分けたイバラがムチになって飛んできます。
アッ! ダウンが破れる・・・。 フィールド調査は、四季折々に自然との闘い?があります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ