アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2011/1/22

1月定例調査  サポーターズ

1月22日(土)先週は大雪で定例調査が中止になったので、今日は一週間遅れの調査です。
クリックすると元のサイズで表示します

いいお天気になったなあ
先週は暴風雪で、前の堤防に当たって打ち上がる真っ黒な波が、遠くからでも見えていました。今日はなんて穏やかだこと。
それでも表面の水温は6℃です。

続いて西津漁港横。ちょうど潮が引いてます。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ、アマモの気配はありません。
クリックすると元のサイズで表示します


甲ヶ崎口。ちょっとお天気が悪くなってきました。カイロ貼ってきてよかった
クリックすると元のサイズで表示します

アマモはうっすらと見えましたが、波が出てきたので写真には写りません。打ち上がったゴミの中を探すのですが、ちょっと見つかっただけでした。
クリックすると元のサイズで表示します

それでも、海藻を食べるヒドリガモがいました。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は鳥に詳しいカニ男氏が参加しているので、普段見逃していることもチェック蟹座

甲ヶ崎奥。ここは、普段人が通らない海沿いの道なので、除雪がされておらず、ちょっと苦労して辿りつきました。でも、お天気も回復して、いい潮干狩り日和?

クリックすると元のサイズで表示します

ここもアマモの姿は見えないのですが、波打ち際を歩き回って1本見つけました!
クリックすると元のサイズで表示します

この細さは、実生苗の特徴。昨秋に発芽して育った感じ。その割に長いなあ。
幅が4mmほどで、長さが40cmくらいありました。
「ほど」「くらい」なんて、定規があったのにちゃんと測っていません。まだまだ科学者には遠いです

2011/1/15

緊急連絡  プロジェクト

突然ですが、16日(日)に予定していました「アマモ里親大作戦」は雪のため、中止とさせていただきます。
県下の高校に、安全のため週末の課外活動をできるだけ自粛するよう、通達がありました。

万が一、連絡が届かず来られた方には、作成済みのアマモキットをお渡しする予定です。
歩いて水産高校へ行けるメンバーが待機します。

先になりますが、2月20日(日)午前にみなさんにキットをお渡しする機会を作る予定です。


こんな冬らしい冬は久しぶりですね。
近頃、シカの食害が多いのは、暖冬のせいで冬を越すシカの数が増えたことが原因とも言われています。
寒がりの私は、暖かい部屋にこもりながら「これでシカも減るかなあ」と残酷なことを考えています。。。

アマモが減ったのも、海水温の上昇と無関係ではありません。
冷たい雪解け水が海を潤し、夏の水温上昇が緩和されると、アマモもホッと一息つくことでしょう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ