アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2011/12/28

若狭地区の高校再編について  

昨日(12/27)午後、県教育委員会の記者会見があり、若狭地区の高校再編計画について、現在の若狭高校、若狭東高校、小浜水産高校の3校体制から、水産高校を若狭高校に統合して2校とすることが発表されました。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/school_education/32240.html

一昨年、小浜水産高校を廃止し、単独普通科高校と総合産業高校の2校を設置する、という計画が出されて以来、地元ではたくさんの反発の声が上がっていました。
「こんなにがんばっている水産高校をなくしてしまっていいのか!」と、私たちは昨年「小浜水産高校を考える市民の会」を、また、今年になって「若狭の高校教育を考える会」を結成し、勉強会やシンポジウム、県教委や県議会への要請行動などを行ってきました。

結果として、残念ながら100年の歴史を持つ日本一古い小浜水産高校の存続はかないませんでした。
しかし、当初案では、実質的に若狭東高校と統合されるということで、本校と水産校舎が6kmも離れ、しかも1クラスだけに縮小されるというものでしたが、今回出された計画では本校舎と水産校舎は2km弱の距離になり、クラス数も2クラスになる、ということで、私たちの要望が少しは取り入れられた計画となりました。

少子化と教育予算縮小に伴う全国的な高校再編の流れの中で、市民の活動によって当初案をこれだけ翻えさせる、というのはとても稀なことなのだそうです。そういった意味で、水産高校の頑張りと、それを応援する市民の頑張りが少しは実を結んだ、と言えます。

今後は、計画の実施時期や具体的な教育内容、実習船雲龍丸の存続などについて、更なる要請活動を続けて行きたいと思います。引き続き応援、ご助言をよろしくお願いします。

2011/12/28

イラストをいただきました!  

以前からメールでやり取りしていたアマモスケッチの福井美香さんに、先月のアマモサミットで始めてお会いしました。
その後、小浜湾をイメージするイラストを描いてほしい、とお願いしていたら・・・
こんなすてきなイラストを送ってくれました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
このイメージは、以前、内外海小の大森校長が話されていたことで、「小浜湾はお母さんが抱きかかえている形をしている」と。
(それまで、私はカニのはさみ蟹座としか思っていなかったのですが・・・。)
 それをそのままお伝えしたら、イメージどおりのイラストを描いてくれました。本当に感謝です!
これから、どんどんこのイラストにも活躍してもらいたいと思います。

アマモスケッチ
http://www015.upp.so-net.ne.jp/AmamoSketch/AMAMO-01.html

2011/12/24

12月の里海探検隊:前川先生勉強会  サポーターズ

12月の里海探検隊は三重大の前川行幸先生をお迎えしての勉強会。
遠路いらした先生に若狭の海の幸を召し上がっていただかないと、と会場は阿納の民宿下亟さん。
クリックすると元のサイズで表示します

お話いただいたのは、アマモ場造成についてと、英虞湾で進められている「新しい里海創成事業」について。
クリックすると元のサイズで表示します

海の環境回復のためには、科学的な研究や技術開発が重要ですが、それを実際の場で実行していくための仕組みがなければ始まりません。
「英虞湾自然再生協議会」
http://agobay.org/index.html
という枠組みを作って始められたそうですが、最初のうちは喧嘩ばかりで進まず、どうなることかという状態だったそうです。でも、そのうちだんだん建設的な話し合いになって行ったそうです。
前川先生は委員長としてそれを仕切ってこられたわけですが、「お互い、腹に貯めてたことを言い合う場所と時間が必要」と言われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

三重も若狭も昔は御食国(みけつくに)と呼ばれた海の幸の豊富な国。
私たちも三重に倣って、豊かな里海を作って行きたいです。
阿納にも、アオリイカの産卵場となるアマモ場がもっと広がりますように。
クリックすると元のサイズで表示します

2011/12/15

アマモマン復活  

内外海小学校の子ども達と一緒にアマモ育苗キットを作りました。子ども達は、キットを作るのが初めてで、僕達が一人一人子ども達について教えました。子ども達が楽しそうにキットを作っていて子ども達もアマモに興味を持ってくれたので僕達もとても教えがいがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
次にアマモの振り返りをしました、子ども達は真剣に話を聞いてくれてとてもよかったです
アマモサポーターズの皆さんと収穫したアマモの種をこのような事を使えてとても良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

また、子ども達はアマモ育苗キットを作ってるときにこのアマモが育っていくことをとても楽しみにしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
育苗キットを植えに行くときを楽しみにしています。

2011/12/14

アマモの成長記録  

栽培漁業センターに種取に行きました。
その時に前植えたアマモの観察をしました、アマモは生き生きと成長していました、発芽するのがとても早くてビックリしました、自分の植えたアマモが成長していて嬉しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
初めてこのような植え方をしたので成長するか心配していたけど、アマモ育苗キットより成長や発芽率が高くてとても安心しました。
これからこのアマモがグングンと成長することを心から願っています。
クリックすると元のサイズで表示します

このアマモを植えるときにはご協力よろしくお願いします。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ