アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2013/2/5

アマモ出前授業  

 1月半ばとなり、ダイビングクラブの今年1回目の校外活動として、小浜中学校で出前授業を行いました。合計4回の授業を行い、全部員が授業を経験する事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

 中学1年生が対象なので、分かりやすくしたスライドを使ったり、ゆっくりと授業を進めたりしてと、自分たちで考え工夫しました。授業では、とても静かに聞いてくれたので、私たちも落ち着いてやり遂げることができました。
 授業の後に行ったアマモキットの作成では、わいわいと楽しそうに作ってくれました。また、キットをどこに置けばいいかなど色々考えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

今回は1年生にとって初めての出前授業でした。人前で発表することはとてもいい経験に成りました。
 今後も、活動を続けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

2013/2/5

アマモ里親大作戦  

1月26日(金)に「アマモ里親大作戦」を行いました。

アマモ育苗キット作り、サポーターズ活動報告、へしこ品評会など様々な体験が行われました。
当日は、サポーターズの方々に加え、サッカー部・ヨット部・よさこいの浜水生など、予想を超える多くの人が参加してくれました。とても嬉しい反面、非常に緊張しました。
クリックすると元のサイズで表示します
最初に、アマモ育苗キットの作成です。ダイビングクラブが作成方法を説明し、みなさんに作っていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
育てたキットは4月に定植します。元気に育ってくれるとうれしいです。

サポーターズ活動報告では、ダイビングクラブの1年間の活動報告やサポーターズ会長の西野ひかるさんによるアマモサミットの報告が行われ、去年は様々な活動があったなと再確認できるいい機会でした。
クリックすると元のサイズで表示します

最後に、昨年5月20日に里海探検隊で作った「へしこ」の品評会があり、試食も行われました。「へしこ博士」こと小坂先生が作った塩と糠(ぬか)のみで漬けたへしこは格別の味でした。
皆さん、喜んでおられました。
クリックすると元のサイズで表示します
ダイビングクラブは今年も地域の皆様と共に、去年よりさらに充実した活動ができるよう全力を尽くしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ