アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/3/26

西津漁港横定植地の様子  プロジェクト

早春はアマモの芽生えのシーズン
「これまで植えてきたアマモはどうなっているんだろう?」と西津漁港横を訪ねてみました。

まず、固まってしっかり生えている群落が数か所。
これは、キットを固めて植えたところで、最初の葉は枯れて、残った地下茎から新しい芽が出てきていると思われます。地下茎から伸びているので、すでに15cmくらいのしっかりした葉です。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、よく目を凝らすと、あたり一面に細い葉出ているのがわかりました。
これはおそらく、一昨年定植したアマモが昨年初夏に種をつけ、その種からこの冬に芽生えたものと思われます。バラバラとばらまいた感じで生え、10cmくらいに育っています。
写真で緑の広がっているのはアオサで、細くV字にたくさん見えるのがアマモです。
クリックすると元のサイズで表示します

この場所は昨年まで5年間、キット苗を植え続けてきたので、一定の成果が出て定着してきているようです。今年からは、これ以上手を加えるのはやめ、このアマモがこれからも生え続けることができるのか、観察していきます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ