アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/8/21

音海(おとみ)で潜ってきました!  WAKKA

8月20日、高浜町音海半島周辺で海藻の調査をしてきました。
地元の渡船業「ウミック」さんから「近年、海藻が急に減ったんだけど、どうにかならないだろうか」という相談を受け「とりあえず、様子を見てみましょう」ということでダイビングクラブのみんなで潜りに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

音海半島の外側と内側の4ポイントを回ることにして、ウミックさんの高速艇でいざ、海へ。
クリックすると元のサイズで表示します

青空に波しぶき! 気持ちいいです。
まずは、半島の外側2ポイントへ。
クリックすると元のサイズで表示します

音海半島は全体に人の手があまり入っておらず、常緑樹が茂り、いい感じ。
海の中は・・・
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

半島の付け根部分では、山を切り崩した工事のせいか、少し土砂による被害があるようですが、半島の先の方は健全なガラモ場がありました。海底6M付近の砂地では、アマモやウミヒルモの群落もあったそうです。

しかし、半島の内側に回り、中ほどまでやってくると…
クリックすると元のサイズで表示します

海藻がほとんどなくなり、真っ白な海底に黒いウニの姿ばかりが見えます。しかも、そのウニとは…
クリックすると元のサイズで表示します

半数以上がガンガゼ。(写真右) 本来ならムラサキウニ(写真左)の生育域であるはずが、沖縄などの南の海に棲むガンガゼが優勢になりつつあるのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%BC
これはヤバイ感じ。海水温も33℃という異常な高さ。近くにある高浜原発の温排水の影響が大きいと考えるのが自然でしょう。
それにしても、3年くらい前まではこんなにひどくなかったということなので、ここ数年、何が起こっているのでしょうか?

海藻は夏に枯れ、冬から春にかけて育っていきます。今回の調査だけでは何とも言えないので、今後、季節ごとに潜って経過を見てみたいと思います。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ