アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2011/4/10

アマモ定植&浜そうじ無事修了  プロジェクト

4月9日〔土〕甲ヶ崎海岸にて、今年で7年目となるアマモ苗の定植と浜掃除を行いました。
今年は、水産高校、サポーターズのほかに、小浜ライオンズクラブや消費者協議会のみなさんもご参加くださり、また、富山県の有磯高校や兵庫県の香住高校からも見学と応援に来てくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

昨年初めて視察に来られて、「すごいな〜」と感心されていた松崎市長も挨拶に駆けつけてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

さあ、いよいよ、冬の間里親の皆さんに大切に育ててもらったアマモの苗をビンから取り出して海に植えていきます。
今回は、サポーターズのほか、小浜ライオンズクラブさん、消費者協議会さん、国際ソロプチミスト若狭さん、それに、小浜商店街連盟の皆さんが育ててくれた苗です。
クリックすると元のサイズで表示します

陸から手渡しされていった苗を、ダイビング部員やサポーターズのダイバーがドライスーツで潜水して、海底に植え込んでいきます。
この海域は、3年前までは広いアマモ場が広がり、種採りの恰好の場所でしたが、夏の高水温が続いたことで、今ではほとんど消失してしまっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年は苗植えに秘密兵器登場! 空気を入れて膨らますパドルボード。普段はこの上に人が立ってパドルで漕ぎます。
今日は大事なアマモ様を乗せて。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

海に入らない人は浜そうじ班。
目の前の海岸はご覧のような漂着ゴミ。去年も掃除をしましたが、一年でまたこの状態に。。。
クリックすると元のサイズで表示します

さあ、とにかく拾おう!
クリックすると元のサイズで表示します

今年も行く先には市役所のゴミ収集車!
クリックすると元のサイズで表示します

1時間半ほどでほぼいっぱいに。
クリックすると元のサイズで表示します

ん〜、きれいになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

最後にきれいになった海岸で記念撮影!
クリックすると元のサイズで表示します
みなさん、お疲れ様でした。Good Job



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ