アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/8/29

アマモの生き物観察会  サポーターズ

クリックすると元のサイズで表示します種の選別作業と同時に行われた生き物観察会には、中学生が夏休みの自由研究の課題にと参加し、写真を撮ったり、栽培漁業センターの方から説明を聞いたり、顕微鏡を覗いたり、図鑑を調べたりとしっかり研究していました。

アマモの種を入れたタマネギ袋の中には数センチの生物がいろいろいるのですが、網の目が小さいので、途中から入ってきたとは考えられません。種を採ったときに卵や幼生、あるいはごく小さいものとしてついていて、それがこの2ヶ月で網の中で成長したと考えられます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますカニや貝のほかにイソメがたくさんいて、ウニョウニョ元気に泳ぎまくっていました。珍しいところでは小型のウナギのような魚もいました。ミミズハゼというんだそうです。茶色や透明の何かの卵らしきものも発見!

このようにアマモにはいろんな生き物の卵が産み付けられ、孵化して育ち、更にこういった生き物を食べに魚などが寄ってくるんですね。
いろんな人を交えて、ワイワイと楽しい観察会になりました。みなさんありがとうございました。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ