アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/9/17

「青」が美しい若狭小浜の海  プロジェクト

9月17日午後、井上耕養庵さん恒例のミニ講演会「若狭の散歩道」が開かれ、小坂先生が「若狭小浜の海−アマモマーメイドプロジェクトをとおして−」という題で話をしてくれました。

(耕養庵さんのHPもご覧ください)
http://www.hokuriku.ne.jp/kouyouan/minikouenkai.html
クリックすると元のサイズで表示します


いつもアマモの会で話をするときは「小浜湾は見た目はきれいだけど、潜ってみるとこんなに汚れているんです」というところから始まります。でも、今日は一味違って「若狭の海、小浜の海はこんなに美しいんですよ」という話から。
最初の写真はアミ(小魚のエサになるプランクトン)が群れるホンダワラの森の写真。深い青が見えますか?この青色は夕暮れ時の山の色と似ている、というちょっと詩的な話。山が美しいところは海も美しい。その象徴のような青。


そして「若狭小浜の魚はスレていない」というちょっと不思議な話。ダイバーが少なくて人を見慣れていないから、恐がらずに寄って来て目を合わす。時にはぐるりとハゼに取り囲まれたこともある、という話。想像するとおかしいですね。

それからいつものアマモマーメイドプロジェクトについての話が始まりました。

放生祭りの最中と言うこともあり、人の集まりが少ないのでは、と心配していましたが、会場は超満員!熱心にメモをとる姿も見受けられました。
そして何よりこの講演会の特徴は、お抹茶と和菓子をいただきながら話を聴ける、ということ。これがなかなかリラックスしていい感じ。いつもなら接待役に回るサポーターズスタッフも、今日はゆっくり話を聞かせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示しますフリートーキングでは、参加者の方から「青年たちは実に爽やかで素晴らしい。是非みなさんサポーターになってやってください」というお声もいただきました。
いつもと違った場所で講演をさせていただくことで、いつもと違った広がりができていきます。こうやっていろんな方に応援していただいて、もっともっと美しい海にしていくことができればと思います。このような場を作ってくださった耕養庵さんに改めて感謝です。そして。。。お抹茶&和菓子美味しかったです!なんだか豊かな気持ちになれた午後でした。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ