アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2006/12/9

見事、最優秀賞!  プロジェクト

水産・海洋系高校生徒研究発表の全国大会のため、徳島県へ行っていたボーイズ。見事「最優秀賞」をいただいたとの連絡が入りました。
http://www.fukuishimbun.co.jp/topics.php?code=14194 (福井新聞)
http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000000612120005(朝日新聞)

8日午後1時半、携帯に着信が。もしやこの時間に電話ということは・・・。
予想どおり「最優秀賞受賞!」の報告でした。しかし、電話口でなんだか元気のない生徒の声。
「どうしたん?テンション低いで」
「もう、疲れがどっと出ました」



そうです。この日に至るまでの幾年月。特にこの1ヶ月は研究のまとめとプレゼン用のスライド作り。発表の練習。発表には制限時間があるため、内容をぎりぎりまで削ぎ落とし、話すスピードも調整。更には出るであろう質問に受け答えするための調べ物・・・ と毎日居残りの日々。
特に、先月の野生生物保護研究発表大会で「見た事もないほど広い環境省の講堂」と「信じられないくらい素晴らしい研究発表をしたスーパー小学生」の姿に圧倒され、不本意な発表に。
帰ってからの1週間、リベンジ!とばかりに更に磨きをかけていたそうです。

決して満足しない男・小坂先生をして「素晴らしい出来になりました。ここまでやって最優秀賞が取れなかったら諦めがつきます」とまで言わせた仕上がり具合。見事やりました!

「お天気は?」と聞くと「晴れてます」とのこと。
さすが瀬戸内。予定通り暖かい海に潜ってから帰ってくることでしょう。

なお、この研究発表は16日の定植の日、朝一(9時過ぎ)に発表しますので、皆さん遅れずにお越しください!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ