2007/11/11

安曇野スタイル 当日編  

一日しか時間がなくて大忙しだった昨年を反省し、ことしは土日の二日間を掛けて、のんびりと回りました。
のんびりしすぎて初日は午後イチスタートです。
#絵日記の更新ものんびりと...(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
僕の安曇野スタイルはここから始まる、穂高神社の中のパン屋さん、“こっふぇる梅太郎”。
ことしも限定パン目当てにベスパで乗り付けてみると、お客さんが表のベンチにまではみ出してお茶飲んだりしています。
なんかこれ大繁盛!?
実はお店の奥の喫茶スペースで、“のら猫工房”さんのはんこワークショップが賑わっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
図工の授業で彫刻刀を手にした誰もが一度は挑んだであろう消しゴムはんこ。
木箱にみっちりと詰まったそのひとつひとつのどれもがもう、めっさキュートです。
ここまで極めると確かにアートですね。
ちょっと昔の小説や雑誌に載ってたペン描きのカットを思い出すようなそのタッチ。
どうしてこれがモチーフに??という意外性も楽しい、木目の似合うプリミティブな雰囲気が素敵です。
子供たちにも大人気。
末は志功かナンシーか

こっふぇる梅太郎
http://umetarou.exblog.jp/
のら猫工房さんのはんこも置いてあります。


クリックすると元のサイズで表示します
“az cafe”でスープを飲みながら予定を立てる。
きょう行くところとか実はもう決めてるんだけど、なんかやってみたい訳ですよ、こういうの。


クリックすると元のサイズで表示します
何はともあれ、“十色屋”さんへ。
ことしは他力本願と聞いていたのですがまったくその通りで、表の庭では“VALO”さんの移動カフェから香ばしい薫りが漂い、玄関を入れば“アプリュス”さんのおいしそうな焼き菓子がお出迎え。
いつもの店内には“カレン”さんのナチュラルなリースが飾られ、長椅子の上には“スミレ研究所”さんのユニークな器やアクセサリやポストカードが端整に並べられています(上の写真)
あ、でもカバンもちゃんと在庫があるじゃん。
エライエライ。
10coloursのパネルや暖簾も一緒になってこれだけ色が溢れていながら、どれも浮いたり隠れたり打ち消しあったりしてないのは、やはり気の合うひとたちの手になる作品の集まりだからでしょうか。
それをまとめる十色屋さんの面目躍如ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
外の空気のちょい寒な色に比べて、暖かそうな店内の雰囲気がわかるでしょ?
左からスミレ研究所のミワ所長、カメラを向けられて飛び退くシャイな染め物屋さんと、安曇野の達人miyukiさん。

アトリエ10colours & 十色屋
http://www.toiroya.com/


クリックすると元のサイズで表示します
VALOさんは、お盆の連休以来のお目見え。
長野第一号だったという移動カフェも、いまは松本にお店があるのでそちらが忙しく、なかなかこういったスタイルで出店する機会がないのだとか。
森好き珈琲好きとしては、このまったりとしたオープンな感覚をもっと楽しみたいんだけどなー
“森に広場を造れば彼らがやってくる”みたいな、Field of Dreamsな展開はないものか。

クリックすると元のサイズで表示します
書を嗜むご主人カクさん直筆のお品書きが、これまた見所のひとつです。
ちなみに本日のスペシャルは“タンザニアAAモンデュールスノートップ”。
なげえ
これでひとつの名前なんだね。
思わず「さっきはタンザニアAAだったから、お代わりはスノートップで」とか言っちゃいそう。
少し冷たい午後の空気の中、珈琲とおしゃべりで暖まりました。
ごちそうさまー


クリックすると元のサイズで表示します
いろんな人とずいぶん話し込んでしまったので、すっかり時間がなくなりました。
このあと家具のクラポさんの工房を訪ねて、のんびりと一日目が終了です。

イベントが始まる前は、あそこへ行こう!ここにも行こう!と意気込んでいたのですが、お天気に恵まれた秋の昼下がりになんか出掛けた日には、居心地のいい場所で根を生やすのも仕方ないかなと。
普段とは時間の経ちかたが全然違う場所に行くんだからね。

つづく


おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
移動カフェVALOさんの屋根付き店舗です。
松本は野澤木工にあるパン屋の“ナチュール・サワダ”さんに併設。
こんなところにお店が?と思うような住宅街の中にあって、見つけたときのびっくり感は満点。
常連さんとも初見から気さくに話せてしまう、カクさんユミさんご夫婦の自然な雰囲気作りが心地よいです。
おすすめ

CAFE VALO(Yahoo!地図情報)
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=36.12.3.891&lon=137.57.40.483&layer=1&sc=3&mode=map&type=scroll
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ