2005/10/18

ちぎり絵  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

季節物なので、南の島ネタより先にちょっとだけアップ。
黄葉が見頃になった栂池自然園と志賀高原に出掛けてきました。

ここ最近、週末になると山の天気が崩れるようで、あいにくとどちらも青空には恵まれず...
でもブナやカツラの黄も、カエデやナナカマドの赤も、雨や霧の中にあって何やら密やかで幻想的です。
それらがダケカンバの樹皮の白や常緑樹の濃い緑と混じり合う様は、まるでやわらかに色を集めていく和紙の“ちぎり絵”のようでもあり、一面赤や黄に染まる絵画的な秋のイメージよりもどこか優しく素朴なものを感じさせてくれます。
ひとつひとつはどれもがそれぞれに凛々しく綺麗で混じり合わず、且つ互いを打ち消すことなく引き立て合い、全部ひっくるめて何かとても自由なものを見ているような気持ちになりますね。

本日の一枚
志賀のほたる温泉源泉近くでの一枚。
小道の真ん中にぽっかり穴があいて泡と蒸気がぶくぶく立ち上っており、ふとのぞくと誰かのゆで卵が(笑)
ずいぶん長いことほったらかしだったので、かなり固ゆで好きなひとかなと : )
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/11

南方志向  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに長い休みをもらいました。

前後に土日と祝日をくっつけての十連休です。
僕たちの仕事はだいたい年に一度ずつくらいのペースで忙しさの山谷があり、ひとつの企画が始まると八ヶ月から九ヶ月くらいはまとまった休みの取りにくい毎日が続きます。
曜日の感覚がなくなるほどのピークはそれほど長くはないのですが、常に何かを描いたり作ったり打ち合わせたりと、代わりをお願いしづらい、臨機応変な判断を求められる状況が続くため、その間は休むタイミングが見極めにくいのです。

長い休みというのは宝くじみたいなもので、当たったら半分は貯金して残りの半分で土地を買って家を建ててクルマを買い換えてーみたいなノリで、前半は旅行して温泉入っておいしいもの食べて、後半は部屋の片づけして本読んでDVD観て、ついでにほったらかしだったテキストで英語の勉強なんかしちゃおうかなーとか、その半分も実現しないような夢の計画を練ってしまいます。
ほとんど自分に対するサギみたいなもんですね。
休暇も宝くじも。
今回もひと月前には休みの予定を入れられたこともあり、企画立案だけでずいぶん楽しめました(笑)
普段から時間ができたらやっておきたいことはちょこちょこメモっていたのですが、これがまた結構な数。
意外に忙しいじゃん → 自分
たぶんその九割くらいは実現できなくても僕の人生の大勢には影響のないことばっかだと思うんですけどね。

でもぜんぜん無駄のない食う寝る働くのクリティカルパスな人生はやっぱりつまんないので、行ったことのないところへ行ったり、観たり聴いたり食べたり呑んだり、おかしなところにこだわったりするわけです。
結果的にそうなってもならなくても、その無駄の実現を目論むことが日々の活力になるのだなあと、仕事そっちのけで休みの予定を立てながら、いまさらのように思ったりしました(おいおい)

しばらく連休ネタかもです。

本日の一枚
休みの前半は南の島へ行ってきました。
国内ですけどね。
旅行好きは北方志向と南方志向に分類できると聞いたことがあります。
冷涼な気候を好むひとたちと南のゆるい空気を吸いたがるひとたち。
僕は単車のツーリングや冬のボードで北国へばかり出掛けていたのですが、ここ最近はすっかり南国づいています。
一度あの空気を吸ってしまうとヤバイみたいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ