2006/3/15

ハイクアップ  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに栂池の上を滑ってきました。

当日は家を出るときからパラパラと雨模様だったのですが、大町に近づくにつれて雨脚が強まり、木崎湖から先は重そうな湿雪に。
春だなー
現地に着いてみると、この荒れた天気のおかげで先週末から始まったヘリスキーが中止になっていました。
楽しみにしてたひとには気の毒だけど、ヘリが飛ばないと山が静かでいいんだよね。
雪も荒れないし。

栂池スキー場の麓からゴンドラで栂の森まで登り、駅で入山届を書いたらロープウェイで栂池高原駅へ向かいます。
そこからハイクアップして天狗原を目指すのですが、この日は登るにつれてガスと雪で視界が厳しくなってきました。
なので、小一時間登って緩斜面へ出たあたりで早々にエントリー。
ここから上はもっと風が強くなるのでこんなもんでしょう。

先行していた何組かのパーティーは更に上を目指したようで、まだ滑り降りてくるひとたちはいませんから、天狗原下は見事なノートラック!
滑り出すと、両膝に掛かっていたザックの重さが突然消え、カラダのわずかな傾きに板が敏感に反応し始めます。

思わず声が出てしまうこの浮遊感!

ダケカンバやオオシラビソの間をすり抜け、僕だけがボードなので、緩斜面で止まらないようコース取りに注意しつつひよどりの麓へ。
ツェルトで雪をしのぎながら軽くお昼をとって、そこから登り返します。
尾根へ出てから少し歩き、今度は早大小屋の方へ滑り込んで奇声を上げ(笑)、小屋の脇から林道へ出て、そこからまたロープウェイの下へ向かってエントリー。
距離こそ短いですが、上質なTree runを楽しむことができました。

でも帰りに必ず滑って下りることになる栂池スキー場は、降り積もったであろう新雪もあらかた蹴散らされて見事にカリカリ。
久しぶりのハイクで足を使い切った身には堪えました(苦笑)

本日の一枚
“どんなに激しく活動していても、ひとのカラダの中には決して動かない静かな一点があり、力はそこから生まれてくる”
神話学者のジョセフ・キャンベルが、そんなニュアンスの発言をしていました。
何かの対談番組で、そのときの話題は確か古代オリンピックだったかな?
僕はこの言葉が大好きで、ボードでもバイクでも、Activityの中では常に自分というものの“中心”を意識したいと思っています。
集中し、知覚を研ぎ澄ますほどに、あたまとカラダのそれぞれの中心が、照準器のように近づいてきて重なっていくイメージ。
絶対的に静かな白く光る点を中心に弧を描くように動き、感じることで、そこから溢れ出る強い意志を持った力を僕たちは手にすることが出来るような気がします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ