2006/7/9

デジタル一眼  

クリックすると元のサイズで表示します

世間の流行に後ろから飛び乗って、ついにデジタル一眼レフを導入しました!

機種はオリンパスのE-300。
330じゃなくて300です。ええそう、型落ちの.....
とりあえずレンズはセットになっていた14-45mmから始めてみます。
フォーサーズだと焦点距離が倍なので、35mmに換算すると28-90mmですか。

何をいまさら一年半も前のモデルをと言われそうですが、でも一眼ならこれしかないとずーっと思ってました。
がんばってる割にはあんまり気づいてもらえないミラー周りの小粋なギミックとか、いにしえのペンFを彷彿とさせる何かが足りない感満点のデザインとか、お友達の少ないフォーサーズマウントとか、そうした我が道を往くスタイルがマイノリティ好きのココロをくすぐるのです。
Kodakブルーを生み出す個性的なCCDは、空を撮ったらキレイかも。
それに安かったし(そっちか)
型落ちとはいえ一応新品なのですが、お値段は定価の半値以下。
もともとがお手頃な入門機ですから、昨今のコンパクトデジカメより安いくらい。
現に、いま使ってるサイバーショットW7の方が高かったですよ。

僕はバイクで走ったり、ボードで山へ出掛けたりといったActivityの中で写真を撮ることが多いので、カメラに求めるのは収まりの良さと軽さです。
なのでいままでW7以上のクラスはあり得ないと思っていたのですが、バイクを担がなきゃ登れないようなシングルトラックや鼻水も凍るような雪山のてっぺんにまで平気でEOSのデジタルを持ってくるyuasa師匠あたりを見てたら、それもありかなと。
帰ってから見る絵の写りの良さはまるで別物ですしね。
E-300ならバッグへの収まりも良さそうだし、ダストリダクションがあれば、レンズを外してパッキングするときもゴミの心配は少ないのかなと期待しています。

あと、フォーサーズマウントはアダプタを介していろんなメーカーのレンズが使えるというのも魅力ですね。
数あるマウントの中でも、フランジバック(マウント面から受光部までの距離)が最も短いのだとか。
AFが使えなかったり、露出がマニュアルと絞り優先のみになったりと制約はあるようですが、世の個性的な迷玉、珍玉を試すことができるわけです。
我が郷土のヒーロー植田正治先生の写真で見て以来、いつか使ってみたいと思っていた“ベス単(フード外し)”も、ペンタックスのKマウントなら市販のヘリコイドを利用して比較的容易に付けられるといった話を聞くので、お金と時間が出来たら(笑)やってみたいと思います。

ベス単を使った写真はこちら
  安孫子卓郎さんの作品
  http://abiko.sakura.ne.jp/nikkortd/nctdflower002.htm

本日の一枚
いま使っているサイバーショットのW7は、妹のところへ婿入りすることになりました。
薄軽が主流のコンパクト機の中では地味な存在ですが、これも良くできたカメラです。
広角側がワイコンなしで28mmまで使えたら完璧でした。
当面はE-300とサイバーショットU20の二本立てで行こうと思いますが、その間を埋めるやつが必要なんじゃないの?と自分に言い聞かせて、また何か買ってしまいそうな気がします(苦笑)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ