2007/6/21

八輪生活  

クリックすると元のサイズで表示します

ことしは久しぶりにバイクに乗ろうと思っています。
ここで言うバイクはいわゆるオートバイ。
いつもは自転車のことをそう呼んでますけどね。

トップの写真は台北の街角です。
日本でも見かけるようになったローカルブランドのスクーターが誘導ミサイルみたいに入り乱れながら走り回っています。
こわ!

安曇野に越して来るまで、バイクは僕の生活の一部でした。
学生の時にハマって以来十数年の間、クルマのない時期はあっても、バイクが切れたことはなかったかと。
一時は、オンからオフまで、小さいのから中くらいのまで(大きな免許はないので)、3〜4台を取っ替え引っ替え乗り回していました。
それが、こっちで最初に借りたアパートに駐輪場がなかったこともあり、輸送の手間も考え、引っ越し前に思いきってすべて処分。
落ち着いたら屋根付きの駐車場でも借りてバイク置こうかなーなどと考えつつ、結局そのままズルズルとバイクなし生活が続いています。

普段、穂高や豊科なら自転車でコト足りるのですが、松本あたりまで出掛けようとすると、限られた時間内で効率よく回りたいので、どうしてもクルマに頼りがち。
でも昨年、そのクルマがこれまでのパンダから147へと、人ひとりの移動に使うには不相応な大きさになってしまいました。
50ccでも運べるものに2,000ccのエンジンを使うのは、どう考えても無駄に思えます。
楽しいんだけどね。
バイクがあれば自転車とクルマの間を埋められるし、何よりも、暑くて寒くてコケれば痛くて鼻毛も伸びる、あのちょっとMな乗り物でまた走りたくて。
こんどのアパートには駐められる場所もあるし。

まだどんなのに乗るか決めてないんだけど、とりあえず最近の業界事情を伺ってみようということでバイク屋さんに出掛けてきました。

モトショップハマ さん
http://www.motoshophama.com/

いつもコメントを下さる某MARIAさんのお店です。
お世話になります。
周りのバイク好きとの会話の中でもよく名前の上がる地域の老舗。
店内の隅っこにさりげなくNR750が新車で置かれてたりして、ちょっとビビリます。

実はいくつかある“乗りたいバイク”の中にベスパのPX(2ストロークのスクーター)が入っていて、125・150・200ccというラインナップのうち、200ccはもう環境対応の関係で手に入らないらしいと聞いていたので、まずそのあたりから伺ってみたんですね。
すると、新しい排ガス規制の内容やら、それに対応するメーカーの事情やら、ショッキングなお話が次々と...
すごくおおざっぱに書くと、

- 現在、段階的に施行中の新しい二輪排ガス規制がとってもキビしいよ、世界一キビしいよ
- いまカタログに載っているモデルの多くは、規制をクリアできなくて軒並み消えていくであろうよ
- 規制をクリアするためにはインジェクションや水冷化が必要だよ
 要するにいまのクルマみたいなエンジンにしないと生き残れないよ

ナント!Σ( ̄ロ ̄)

うろ覚えで間違ったこと書くといけないので、分かりやすくまとまったページへのリンクを貼っておきます。

空冷4発が消える? 新排ガス規制の詳細 - [バイク]All About
http://allabout.co.jp/auto/motorcycle/closeup/CU20070512A/index.htm

うーん
いつの間にか、そんなキビしい状況になってたんですね。
混合KDXで白煙撒き散らしながら走ってたなんて言ったら、お役人やNGOの人に首を絞められそうです。
どんなプロダクトも、環境を謳わずして社会的地位は得られない時代になりました。

リンク先の記事にも書かれていますが、エンジニアリング的には、どれだけ規制がキビしくても、やろうと思えばなんだってクリア出来てしまうはずです。
問題はそれが色んなものとのトレードオフになること。
凡庸な性格付けやコストアップを気にしなければ、絶滅を目的とした規制でない限り、何らかの対応は可能でしょう。
でもそれじゃ売れなくなっちゃいますよね。
趣味性の高いものほど、ある種のムダや個性が必要ですし、生活必需品ではないものに感覚的に払えるレベルの値付けも大事です。
社会的な適合性と効率のみを考えれば、たとえばバイクならカブだけ、パソコンならDellかHPだけ残ってればいいんじゃないかという極論もありそうですが(カブは新しい排ガス規制クリアするそうです)、そんなこと我慢できないでしょ、好きなひとは。

一方、そうした試練の待ち受けている新車に対して中古はどうかというと、こちらもなかなか大変で、いま中古車はどんどん海外の市場へと流れて行ってるそうです。
新車が売れていればこその中古市場ですから、今回の規制で業界のモチベーションが下がってしまったら、数年先には新車はおろか中古車にも選択肢がなくなるかもしれません。

自分でも何書いてんのか分からなくなってきましたが、要するに世界のバイクエンジニアのみなさん頼みますと!
頑張りましょーと!
力技だけではどうにもならないこの状況こそが、知恵の絞りどころ。
なんなら埼玉でも静岡でも兵庫でも喜んで設計のお手伝いに伺いますが ←いりません

ともあれ、いまがバイクを買うのに良いタイミングだということは分かりました。
いよいよ本腰を入れて、どれを選ぶかで悩みたいと思います!

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりPXかわいいよー
http://www.vespausa.com/products/px150-splash.cfm
(音が出ます)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ