2007/10/11

八ヶ岳クラフトフェア  

クリックすると元のサイズで表示します

先週の日曜は諏訪湖畔へクラフトフェアを観に出掛けました。
八ヶ岳クラフトフェア in SUWA
http://www.lcv.co.jp/craft/

これまで原村で開かれていたものが、今年から会場を変えて諏訪へと移ってきたのだそうです。
主催がLCV(諏訪のケーブルTV局)だからかな?
サラダ街道のリンゴ畑を抜け、塩尻峠をえっちらおっちら越えて、下道を走ること約一時間半。
どこが八ヶ岳やねんとツッコミを入れつつも、寄り道と休憩を挟みながら、安曇野からこれくらいの時間で着くというのはお手軽で良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クラフトフェアの会場は湖の東端に近い湖畔公園です。
少し離れたところにある大きな空き地にクルマやバイクを止め、かりんとナナカマドの並木道をのんびり歩いて会場に入ります。
あのゴミゴミとした湖畔のどこに駐車場が??と不思議に思っていたのですが、この空き地は東洋バルヴという会社の工場跡地だそうです。
まだ残っている巨大な建屋は、特異な構造を持った戦中の建造物として大変貴重だとか。でもどう見てもただの廃(ry
SUWA-KEN
http://www.suwaken.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
松本のクラフトフェアや駒ヶ根のくらふてぃあ杜の市に比べると規模は小さいようですが、湖へ向かって開けた場所なので全体の見通しが効き、少し小高いところに立つと、大きなピクニックのような会場の賑わいが見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
なぜか会場の中をヒツジがうろうろと。
毛糸の即売ですかね(おい)
そろそろ刈ってあげないと重そうだよ。

クリックすると元のサイズで表示します
会場奥のステージでは大道芸をやってました。
お子様相手のコネタショーかと思ったら、繰り出される技はどれも本格的で、見応え充分。
火吹きとかローラーバランスとかすげー!
トークも軽妙で盛り上がってました。
長野出身の芸人さんだそうです。
大道芸人ももっち
http://www.geocities.jp/juggling1117/

クリックすると元のサイズで表示します
駒ヶ根に引き続き、土岐の藤田千絵子さんにお会いできました。
いやー、来た甲斐があったね。
作品はもちろん、什器の造りや色遣いもとてもセンス良くまとまっていて、ホントにもう、この一角丸ごと持って帰って、自分の部屋に藤田千絵子コーナー作ろうかと(笑)
器を手にしたときの印象が、藤田さんご本人の持っていらっしゃるそのおっとりとした雰囲気や語り口と自然に重なるのも素敵です。
僕は素材や技法に関してはからきし素人で、土や釉薬の説明をして頂いても「へー」とか「ほー」しか返せないのがいまひとつ悲しかったりするのですが、自分が心地よいと思うものを見つけることがまず楽しみとしてあって、そこからそのものたちのどんなところをイイと感じるんだろうとか、どんな人やものや経験から出来ているんだろうとか、そうした不思議に巡らせる想像が、いまはものづくりに触れることの自分にとっての面白さなのだろうと思います。
でも少しは勉強して、ニサンカマンガンとかサンカダイイチテツとかケイサンジルコニウムとか、すらすら口を突いて出てきたらカッコイイかもなあ。
↓藤田千絵子さんの器が買えるサイト
器のセレクトショップd
http://www.daisu-ki.com/index.htm

クリックすると元のサイズで表示します
まだまだアオコの多い岸辺の水面など、湖としてはお世辞にも綺麗とは言えない諏訪湖ですが、丸ごと大きな公園と考えれば周囲の環境はよく整備されていると思います。
湖畔の小径には歩くひとあり、ジョギングするひとあり、釣りをするひとあり、ぼんやり遠くを眺めるひとあり様々です。
こういう水辺の景色、みんな好きなんだろうな。
長野は海がないですからね。
僕も水辺は大好きです。
でも、もしかするとそこが水の際だからじゃなくて、地面のはじっこだから気になるのかなと。
はじっことか、すみっことか、ついつい引き寄せられてしまいます。
あと、何かのフチとかね。
湖畔はフチかな。

もう少し水が綺麗で、いまひとつビミョーな白鳥やイルカの乗り物が少なくなってくれると、もっといいんだけど。


おまけ
行きに見かけた案山子たち。
地区のコンテストでしょうか。
スズメどころか人も寄りつかないのではと思える力作が勢揃い。
ここでも風林火山は人気のようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ