2007/12/31

ゆく年くる年  

クリックすると元のサイズで表示します

米子の実家に帰って来ています。
仕事の方は年明けからの進行がものすごく気になる状況なのですが、ことしは姪っ子の顔を見に帰りたいので最後の追い込みはスッパリあきらめ、取るものも取りあえず電車に乗り込みました。

“年末年始は暴風雪”という天気予報の通りに、こちらは大変な風とホドホドの雪。
風が強すぎるのか、時折雲の切れ間から陽が差してきたりするのがおかしなところです。
てか、“暴風雪”なんて日本語あったのか。
犬や姪っ子と一緒に窓ガラスに張り付いて吹き荒ぶ雪を眺めています。
雪が真横に降ってるの、分かります?
クリックすると元のサイズで表示します

今月は半ばを過ぎたあたりからずいぶん気忙しくなってしまい、日記の方もほったらかしでした。
シュタイネさんのクリスマスとか、ガルガさんでやってたスミレ研究所研究発表会とか、伺っておきながらタイムリーにご紹介できなかったのは誠に残念で申し訳なく...
年が明けたら2006年を思い切り振り返るページを作って、日記に載せそびれた話題をこっそり公開したいと思います。
(実家では携帯で細々とネットに繋いでいるので、これくらいの容量が精一杯)

クリックすると元のサイズで表示します
そしてカワイイカワイイ僕の姪っ子であります。
顔見て泣かれる悲劇は免れましたが、レンズを向けると緊張するのか、なかなか笑ったところを撮らせてくれません。
そういうプレイなのかしら(涙)

思えば147のプチクラッシュから始まった不吉さ満点の後厄イヤーでしたが、姪っ子はやってきたし、念願のVespaは手に入れたし、クラフト系のイベントなどで知り合いも増えたし、決して順風とはいかないながらも仕事では自分を使い込む場に恵まれ無風のさびしさはなく、おもしろい写真もたくさん撮れて、終わってみればやっぱりいい年だったかなと。
反省点は、日記への書き込みが足りなかったことと、ほとんど山でバイク(自転車)に乗らなかったことですかね。
この日記にはもう少し自分の思うところ考えるところをあれこれと書いておきたかったのですが、そのための時間やモチベーションを上手く作ることができませんでした。
バイクも街乗りばかりでダートを走ったのは数えるほど...
毛の残りまくったブロックタイヤが泣いています。
情けねー
ここ十数年来、記憶にないほどの怠けっぷりでした。
春先のハイクアップに体力的な不安が募ります。

でもその代わりに、ここ最近は写真やクラフトものにずいぶんとハマっていて、自分としては過もなく不足もなく、のほほんとした趣味的生活を送っていると感じますから、“鏡”の好みが変わってきたということかもしれません。
見たり聞いたり嗅いだり触れたり、僕が関わり交じり合うすべてのものは僕を映してくれる鏡です。
気づきの根っこになる好奇心と想像力と謙虚さをなくさない限り、どんなひとやモノや出来事にも自分の姿を見つけることができます。

ことし出逢った魅力的な鏡の個性とそこに映る新しい異国の風景を愛でつつ、時折垣間見える自分を反省したり励ましたり笑い飛ばしたりできる片時も目の離せない一年に、また来年もなりますように。

みなさまも良いお年を。
ありがとうございました!


おまけ
トップの写真は、義弟てっちゃんにイヤなプレッシャーをかける我が家のお座敷犬。
ケーキの周りのラップに付いた生クリームをたっぷりと舐めさせてもらってご満悦でした。
そりゃ、フスマの専用通路も通れなくなるわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/4

Christmas Time In Blue  

クリックすると元のサイズで表示します

ことしも残すところあとひと月。
いつもの如く、まったく実感の湧かないまま師走に突入です。
普段から仕事のマイルストーンを基準に生活の緩急を考えていると、年末年始も“ちょっとゆっくりできる連休”程度の認識になってしまうんですね。
情緒が足りないなあ...
ことしは久しぶりに鳥取の実家へ帰ろうと思っているので、少しは正月らしい過ごし方ができるかもしれません。
待っててね、くるみー ←まだ見ぬ姪っ子

この時期、いちばん季節を感じるのは電飾にあふれた街中だったりするのですが、安曇野の森でも、いくつか作家さんたちのクリスマス展が開かれています。

十色屋のクリスマス@十色屋
http://www.toiroya.com/

X'mas Box@ギャラリー・シュタイネ
http://steine.jp/

今週は十色屋さんへ出掛けてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
色遣いも優しい『kaltio』鈴木有紀子さんの“ろうそくのろうそく”と、『白露』小久保隆司さんの不思議な焼きもののジオラマ。
早速シュールな光景が広がっています。

kaltioのほとり
http://kaltio-rousoku.cocolog-tnc.com/kaltio/

陶房白露
http://www16.ocn.ne.jp/~hakuro/


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
『十色屋』ひとしさんのパネルと、みゆきさんのカバン。
そういえばおふたりの作品はちゃんと紹介したことなかったかな。
毎週のように目にしてるはずなんだけど(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
『カレン』佐川とも子さんのフェルトのクラフト。
“ウィンターボート”という、気の利いた名前がついてます。
小さなオーナメントのアレンジにまで細やかに気が配られていて、じっと見ているとそのディテールに吸い込まれそうです。
その名前からは“冬枯れの木立に囲まれた水面に静かに浮かぶ小さなボート”という淡いイメージが湧くんですけれど、小久保さんのジオラマと木目の波、イルカのような躍動感あふれる鞘?のカタチのおかげで、海を渡っていく勢子船かバナナボートといった趣になってます。かっこいー
壁を飾るツタやトウガラシのリースは、素朴な“おうちのクリスマス”感満点。
でもこれ、料理でちょっとずつ使ったりして年々小さくなっていくんでしょうか(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

カレン
http://www11.plala.or.jp/calencf/index.html


クリックすると元のサイズで表示します
『Cadenza』横尾弘美さんの、これは何でしたっけ?香水瓶?
という感じの、ひと目ではそのキャラを掴みきれない不思議なガラスたち。

トップの写真も横尾さんの、えーと、これはたぶん一輪挿し。
写真は大好きな佐野元春の“Christmas Time In Blue”にこじつけてわざと戸外の薄暗い明かりに露出を合わせたのですが、実物のガラスは暖かそうな光を綺麗に集めて丸まっています。

Glass Studio Cadenza
http://www.azumino-style.com/shoukai/glass/cadenza/cadenza.htm


クリックすると元のサイズで表示します
この真っ白な氷砂糖...じゃなくてろうそくのツリーも鈴木有紀子さんの作品です。
星を重ねて枝葉を作るデザインが素敵すぎます。
そして何よりおいしそう(笑)
これ、ホントに氷砂糖を一枚混ぜて火を点けたら、カラメルのいい香りがするかなあ。


クリックすると元のサイズで表示します
なんとも贅沢な、月桂樹だけで作ったでっかいリース。
十色屋のクリスマス、12/25までやってます。

来週はシュタイネさんに伺う予定です。


おまけ
今回の写真には、最近中古で手に入れたソフトレンズも使ってみました。
腕と条件次第でこれからもっと綺麗な写真が撮れる予定なんですけどねー(汗)
ソフトフォーカスというのは、昔は自分の中でなんとなく“あざとい”イメージがあって、我が郷土の誇り植田正治先生には敬意を払いつつも、これってどうなのよ?という目で見ていたのですが、使ってみるとやっぱりそれなりに面白いかなと。
クリックすると元のサイズで表示します
レンズは70mmF5のキヨハラVK70R。
清原光学という会社が、いわゆる“ベス単フード外し”の再現を狙って作った珍品です。
古いレンズなので、細身の鏡胴には基板もモーターも入っておらず、ガタイのいいデジタル一眼とのコンビは見た目にいささか不釣り合い。
70mmという焦点距離も、フォーサーズだと140mmの中望遠になって被写体を選んでしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
フードを外したベス単と違って絞りもしっかり付いていますが、リングはレンズ前面で、しかも絞り羽根むき出しという豪気な造りです。
開放の時がいちばんソフト効果が高いようなので、僕はF5に固定してフィルターで蓋をしています。
このレンズで難しいのは、やはりピント合わせでしょうか。
スクリーンのマット面を見ながらフォーカスリングをくりくり回して調節するのですが、当然ながら被写体がぼんやりと滲んでいるので、これが結構至難のワザなんだ。
クリックすると元のサイズで表示します
小振りな銀塩カメラに付けると見た目もばっちり。
心象風景的なおもしろい絵が撮れます。

久しぶりに手にした、“使いこなし”を求めてくる楽しい道具ですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ