2007/12/31

ゆく年くる年  

クリックすると元のサイズで表示します

米子の実家に帰って来ています。
仕事の方は年明けからの進行がものすごく気になる状況なのですが、ことしは姪っ子の顔を見に帰りたいので最後の追い込みはスッパリあきらめ、取るものも取りあえず電車に乗り込みました。

“年末年始は暴風雪”という天気予報の通りに、こちらは大変な風とホドホドの雪。
風が強すぎるのか、時折雲の切れ間から陽が差してきたりするのがおかしなところです。
てか、“暴風雪”なんて日本語あったのか。
犬や姪っ子と一緒に窓ガラスに張り付いて吹き荒ぶ雪を眺めています。
雪が真横に降ってるの、分かります?
クリックすると元のサイズで表示します

今月は半ばを過ぎたあたりからずいぶん気忙しくなってしまい、日記の方もほったらかしでした。
シュタイネさんのクリスマスとか、ガルガさんでやってたスミレ研究所研究発表会とか、伺っておきながらタイムリーにご紹介できなかったのは誠に残念で申し訳なく...
年が明けたら2006年を思い切り振り返るページを作って、日記に載せそびれた話題をこっそり公開したいと思います。
(実家では携帯で細々とネットに繋いでいるので、これくらいの容量が精一杯)

クリックすると元のサイズで表示します
そしてカワイイカワイイ僕の姪っ子であります。
顔見て泣かれる悲劇は免れましたが、レンズを向けると緊張するのか、なかなか笑ったところを撮らせてくれません。
そういうプレイなのかしら(涙)

思えば147のプチクラッシュから始まった不吉さ満点の後厄イヤーでしたが、姪っ子はやってきたし、念願のVespaは手に入れたし、クラフト系のイベントなどで知り合いも増えたし、決して順風とはいかないながらも仕事では自分を使い込む場に恵まれ無風のさびしさはなく、おもしろい写真もたくさん撮れて、終わってみればやっぱりいい年だったかなと。
反省点は、日記への書き込みが足りなかったことと、ほとんど山でバイク(自転車)に乗らなかったことですかね。
この日記にはもう少し自分の思うところ考えるところをあれこれと書いておきたかったのですが、そのための時間やモチベーションを上手く作ることができませんでした。
バイクも街乗りばかりでダートを走ったのは数えるほど...
毛の残りまくったブロックタイヤが泣いています。
情けねー
ここ十数年来、記憶にないほどの怠けっぷりでした。
春先のハイクアップに体力的な不安が募ります。

でもその代わりに、ここ最近は写真やクラフトものにずいぶんとハマっていて、自分としては過もなく不足もなく、のほほんとした趣味的生活を送っていると感じますから、“鏡”の好みが変わってきたということかもしれません。
見たり聞いたり嗅いだり触れたり、僕が関わり交じり合うすべてのものは僕を映してくれる鏡です。
気づきの根っこになる好奇心と想像力と謙虚さをなくさない限り、どんなひとやモノや出来事にも自分の姿を見つけることができます。

ことし出逢った魅力的な鏡の個性とそこに映る新しい異国の風景を愛でつつ、時折垣間見える自分を反省したり励ましたり笑い飛ばしたりできる片時も目の離せない一年に、また来年もなりますように。

みなさまも良いお年を。
ありがとうございました!


おまけ
トップの写真は、義弟てっちゃんにイヤなプレッシャーをかける我が家のお座敷犬。
ケーキの周りのラップに付いた生クリームをたっぷりと舐めさせてもらってご満悦でした。
そりゃ、フスマの専用通路も通れなくなるわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ