2008/5/3

黄色いの  

クリックすると元のサイズで表示します

身につけるものの色としてあまり選ぶことはないのですが、花だけは黄色が大好きです。
道端に一輪咲いているだけでドキドキしますし、お花畑になってたりしたらもうハァハァものです(あぶない)

というわけで、いまが見頃の黄色いのを愛でに、飯山の菜の花公園へ行って来ました。

僕が出掛けたのは薄曇りの5月1日でしたが、綺麗に晴れ上がったきょうからはイベントも始まっているようです。

いいやま菜の花まつり
http://www.city.iiyama.nagano.jp/nanohana/nanohana-index/na-index/nanohana-index.htm

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
フレンドリーに近づいて行ったら頭突きをくらいました(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花畑は安曇野にも何ヵ所かあるんですけど、飯山がすごいのは背景までちゃんと絵になるところ。
千曲川の広い河川敷や、赤い橋の欄干がなんともいい雰囲気を醸し出しています。
これで晴れてたら残雪の山並なんか見えて、出来すぎだろ!って突っ込み入れたくなりますね。

他にもいろんなものが黄色くてシアワセでした...

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

色彩性格診断“黄色”
http://www2.tba.t-com.ne.jp/color/ss.html
・コミュニケーションを象徴するこの色を好きな人は話題も豊富で人と話をするのが大好き
・先天的に頭の回転がスピーディで話術も巧み
・天真爛漫な子供のような無邪気さを持ち素直で明るく社交的、ユーモアセンスも抜群で好奇心旺盛
・しかし面倒だなと感じることやトラブルなどから逃げてしまうお調子者で無責任な面も
・恋愛はフレンドリーさを求める傾向があり、甘ったるくベタベタした付き合いは苦手
・ノリがよくて楽しい会話のできる知的な人と波長が合うので基本的には賢い人を求める傾向がある
・職業はセールスマン、評論家、アナウンサー、広告、芸能関係、弁護士などの話術や頭の回転の早さを必要とする仕事、または企画などにも向いている

えーと
なんだか、口先だけのお調子もんって書いてあるような気がするんですけど...
0

2008/5/2

工芸の五月  

クリックすると元のサイズで表示します

今月末に開催される“クラフトフェアまつもと”までの1ヵ月間、松本・安曇野エリアのギャラリーや美術館が一斉に工芸がらみの催しを行っています。
フリーマガジンの“日和(hiyori)”5月号でその特集が組まれており、手軽でわかりやすいガイドブックとしてお勧めです。

日和
http://www.country-press.co.jp/hiyori/index.html
日和を入手できるお店リストが載ってます。
本屋さんにも置いてあるんだね。

そこで紹介されているギャラリー・シュタイネさんへ出掛けてきました。
いま観ることができるのは、スミレ研究所 金井三和さんとatelier mimi 耳塚有紀さんの二人展(5月6日まで)

クリックすると元のサイズで表示します
金井さんの器
彼女の描く絵もそうなのですが、なんというか、児童文学的な上品な可愛らしさがあるかなと。

クリックすると元のサイズで表示します
耳塚さんのショール

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


彼女たちの前には、内川千代美さんの個展が開かれていました(4月10日〜同20日)
タイムリーに紹介できなくてごめんなさい...
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
このところ本当にいろんな場所で目にする内川さんの器。
今回初めてご本人にお会いしたのですが、作品にも通じるそのキャラクターの親しみやすさに売れっ子ぶりも納得でした。

ギャラリー・シュタイネ
http://steine.jp/
明日からの3日間(5月3日〜同5日)は移動カフェのVALOさんもやってくるそうです。
個性的な染め物や器と一緒においしい珈琲をぜひ!


おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
七ヶ月さんでお昼。
営業はじまってます。
ホームページかわいすぎ(笑)

cafe & zakka 七ヶ月
http://www.nanakagetu.net/
0

2008/5/2

桜  

クリックすると元のサイズで表示します

時季はずれなネタですみません。

桜の名所として地元では結構有名らしい近所の小学校。
歩いて5分と掛からないところなので、満開を迎えた週末に散歩がてら観に行きました。

まずはソフトフォーカスであざとく春らしさを演出 : )
桜でんぶみたいでおいしそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
フツーに撮るとこんな感じ。
休日なので子供たちがお父さんと野球やってたり、校庭の隅にレジャーシートを敷いてまったりと花を楽しんでいるひとたちもいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いや、どう見ても違うだろ(笑)
しかしいつも思うのですが、この真っ黒な幹からなんであんなに可憐な花が咲くんでしょう。
桜の樹の下にはなんか埋まってるとか言いますけどね。
やはりその手の有機的な肥やしが...
花と樹のあのアンバランス感を脳内補正する過程でそういった発想になるのは何となくわかる気もします。

で、数あるご近所桜の中でも、僕的に絶対美人が埋まってそうだと睨んでるのはこの樹です。
クリックすると元のサイズで表示します
日吉神社の敷地のはじっこから身を乗り出している、大きなエドヒガンザクラ。
枝の下に入ると桜色の髪の毛で絡め取られたような気分になる妖艶な古木です。

クリックすると元のサイズで表示します

桜の樹の下には(梶井 基次郎)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/card427.html


こちらは松本のアルプス公園近くの穴場スポット。
仲間内の花見はここでやりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小学校の桜から一週間後ですから、さすがにもう花はないだろうと期待はしていなかったのですが、山頂の公園はこれまた満開後の散り始めでなんともいい雰囲気。
低い里山でも麓と山頂ではずいぶん差があるようです。
0

2008/5/1

First of May  

クリックすると元のサイズで表示します

ことしに入ってから続いていた身の危険を感じるほどの忙しさも、今月半ばあたりからようやく落ち着いてきました。

でも、なんだか仕事以外のことにはすっかり怠け癖がついてしまって、まだ腰を据えて何か書こうという気になりません。
困ったなー
言葉が浮かんでこないんですよね。
誰かとおしゃべりする分にはフツーにリアクションを返せてると思うんですけど、こうやって文字に書き出していくとまったく取り留めがなくなってしまいます。
いまここまで、たったこれだけを書くのにどれだけ文字を打ち込んでは消したことか(笑)
ここ数ヶ月の間に感じていたストレスときたら全く半端なものじゃなかったので、その後遺症が残ってるせいということにしておきたいと思います。

自分のスキルを超える“仕事の質の維持”と、普段のマイペースでは到底追いつかない“日程の確保”、それでも休みを削って頑張ればなんとかなると考えがちなワーカホリックの滅私精神を戒める“36協定”の板挟みに遭って、“しなない程度にクルマにぶつかれば少し休めるかも”と考えるくらいに身もココロも疲れ果て、食欲もなくなり、安曇野市の不燃物袋がいっぱいになるくらいの栄養ドリンクで自分をごまかしながら何とか乗り切った、今回の仕事の大きな山場でした。
でもそれだけやっても、まだまだざっくりとカタチになっただけなので、細かいところを詰めていくこれからがまた大変です。

頂いたコメントに返事も書かないまま、このブログもほったらかしでした。
面目ありません。
それでも身近な風景をぽつぽつ写真に撮ったりはしていたので、時期外れなものもありますが、まとめて載せておきたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
東京にあるウチの会社の本社ビル周辺の眺め。
出張の多い時期でもありました。
気分転換になる反面、乗り物に弱い僕にとって行き帰りのスーパーあずさ号(揺れの大きな振り子電車)は苦行としか思えないツラさ(涙)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
窓もない会社のフロアに朝から晩まで籠もっているうちに、安曇野はどんどん春めいて行きました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
仕事でテンパっている間、おいしい差し入れのおかげで疲れたココロとおなかがずいぶん癒されました。
ありがとうございます。
持つべきものは食いしん坊な友。

中でも鳩サブレー(←のばすらしい)は、カッコいい紙バッグとほれぼれするような焼き型の造形、そして何よりも、ピンとおしりの跳ね上がったそのフォルムを袋の中で保つための小さなこだわりにすっかりやられてしまいました。
それがこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します
写真だと分かりづらいんですが、おしりの下で袋の表と裏をちょっとだけ熱圧着してあります。
なんだか嬉しくなるんですよね、こういうの。

超イケてる紙バッグにはみんな注目しているようで。
デイリーポータルZ:鳩サブレーバッグ
http://portal.nifty.com/2008/02/16/a/
これはフツーに欲しいかもです。

クリックすると元のサイズで表示します
栗きんとんおいしかったなー
血糖値アップにも貢献度大でした。


頂いたのは食べ物だけじゃありません。
知り合いの息子さんの就職祝いに陶房白露さんから贈られたちょっと変わった...あ、いや個性的な器を(勝手に)何枚か分けて頂きました。
はじめ人間ギャートルズでゴンやドテチンがマンモスの肉を食べるのに使うようなごっついやつです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
なんと言うか、細かいことなんかどうでもよくなるような清々しさがありますね(笑)
和むわー

陶房 白露
http://www16.ocn.ne.jp/~hakuro/

(桜につづく)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ