2006/1/26

コタツでMac  

クリックすると元のサイズで表示します

この時期、生命維持に必要なものはすべてコタツから半径1m以内に集まってきます。

メインマシンのMDDもコタツから振り向けばすぐそこにあるのですが、操作するのは至難の技。
女の子座りはちょっとへんな気分になっちゃうし、寝転がったままローテーブルの上のキーボードを叩くのも背筋がツライ。
キーボードとマウスだけコタツの上に置いて、リンダ・ブレアよろしくあたまがぐるっと後ろへ回れば楽なんだけどな。
てか、ディスプレイをコタツの上に載せればいいんじゃん。
20kgもある17インチのCRTを?

というわけで、コタツでMacな生活を楽しむためにPowerBookを導入しました。
MacBook?なんですかそれ?
やっぱりG4でしょ。PowerPCでしょ。でも中古です。
ネットで見つけた格安品を迷わず buy now。
2002年の春頃に出たハイエンドノート、PowerBook G4 (DVI) です。
チタンのやつ。
G4 800MHz、メモリ512MB、HDD 60GB、15.2インチ 1280x854ピクセル。
OSXも結構ストレスなく動きます。
発売当時のApple Store価格は419,800円(ひー)
僕が買った中古価格の10倍だよ。
って、おいおいそんな安いの買って大丈夫かよという声が聞こえてきそうですが、もちろん大丈夫じゃありません(笑)
OS9も動くのでまだまだ人気があり、ちゃんとした中古なら15万円以上するマシンですからね。
僕が買ったのはジャンク扱いのキワモノです。
FireWireは認識しないし、液晶は白ずみで下半分の文字がかすれ気味だし、バッテリが満充電になるとDC接続が切れるし、ファンの中にはなんかいるみたいで時々ワライカワセミのようなけたたましい叫び声が響き渡ります。
もちろんこの機種のお約束でパームレスト手前の塗装はぼろぼろ。
でもFireWireはLombardで使ってたPCカードアダプタがあるし、文字のかすれもまあ読めないほどじゃないし、DCが切れても挿し直せばOKだし、Webブラウジングとメールくらいではファンも回りませんし、画面だけ見てれば塗装なんか気にならないです。
というわけで、あんまり問題なし(そうか?)

いいのいいの、Macなんだから。


本日の一枚
早速コタツの上で腑分け中。
これぞ、コタツでMacです(ベタですみません)
古いマシンとはいえ、よそ様の設計は目に新鮮です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ