2006/4/11

新装開店  

クリックすると元のサイズで表示します

パチンコ屋の話じゃありません : )

すっかり紹介が遅くなりました。
愛知の友人夫婦が営むバイクショップ(自転車屋さんですね)が立地も新たにリニューアルオープンしています。
サイクルショップ サッサ
http://www.sassa-bike.com/

こんどの場所は知多半島の武豊町。
タケユタカじゃなくてタケトヨだそうです。
でも石を投げれば隣の半田市に届くような場所で、お店の案内をするときも“半田ジャスコの南”と言うのが一番わかりやすいとか。
大通り沿いにあってアクセスも良く、駐車場も広々。
クルマに積んで移動することの多いスポーツ系バイクのショップとしてはポイント高いですね。
今回借りた店舗は元うなぎ屋さんだそうで、改装された店内には立派な梁が残り、一段高い床の間にぴかぴかのフルサスバイクが鎮座しています。

それまでのお店はもっと南に下った内海という町にあって、海沿いのちょっと入り組んだ路地を入って行く、一見さんにはさぞ分かりづらいだろうと思われる場所でした。
サッサの一番の売りはお店に立つ友人夫婦のキャラクターだと思うので、場所はあんまり関係なかったような気もするのですが、今度のところならもっとたくさんの人に来てもらえるでしょう。
知る人ぞ知るといった、前のお店の隠れ家的な雰囲気も好きだったけどね。

店長の彼とは、白馬のペンション“かむるーぷす”で知り合いました。
塩の道をはじめとした白馬小谷エリアのご機嫌なトレイルや、そのころまだ営業していた岩岳のマウンテンバイクコースを目指して、彼は名古屋から、僕は以前住んでいた宇都宮から、まとまった休みやイベントの度毎に仲間と一緒に集まってきていたのです。
彼は当時まだサラリーマンでしたが、すでにバイクに関しては非凡な才能を発揮しており、登りも下りも本当に楽しそうで、僕はたぶんどこか壊れているんだろうなと思っていました(笑)
何かを好きになっておバカになってるひとと一緒に遊んだり仕事をしたりするのはとても楽しいことです。
まだ自分の知らない深ーいところにある、妙に熱くてちょっとマニアックなエネルギーをもらえます。
そんな彼があるとき会社を辞めてバイクショップで働きはじめ、やがて夫婦でお店を構えて見事独立!
そしてこのたび、知多半島征服の第一歩として武豊の元うなぎ屋に進出したというわけです(そうか?)


自分の好きな何かを仕事にするというのは本当に大変なことだと思います。
想い入れが強ければ強いほど、志が高ければ高いほど、現実とのギャップに苦しむことが多いはずです。

子供のころ、僕は熱狂的なヒコーキマニアでした。
いまでも座席の指定では必ず窓際の、しかも羽根の見える席をお願いしています。
主翼の先っぽがブンブンしなっているのを見るのが好きなので。
頑張ってるなあって。
実家から程近い所に地方空港があり、そこには航空自衛隊も駐屯していて、学校から見上げる空にはいつもヒコーキが飛んでいたような気がします。
写真に興味を持ったのもヒコーキがきっかけで、短いレンズで撮影に熱中するあまり、少しでも近くで撮ろうと破れていたフェンスから自衛隊の基地内に入り込み、小人の宇宙人よろしく隊員さんに拉致されてしまったこともありました。

そして、図書室のヒコーキ図鑑を眺めてはその機能美に溜息をついていた、一途だけどあんまり周りの見えてなかった小学生は、その後“ヒコーキが好きだから”という理由だけで進路を決め、会社を決め、遂にはヒコーキ造りに携わるエンジニアに。
うれしかったですねー
子供のころの夢を叶えて、好きだった何かを仕事にしてしまったわけですから。
いまあのころの自分に会ったら、とりあえずは「やったじゃん!」と肩のひとつも叩いてやりたいと思います。
がんばったよお前。えらいよ。そのアタマにしちゃ上出来さ。
でも同時に、「本当に大変なのはこれからだよ」とも伝えたいですね。
聞く耳なんか持ってないでしょうけど。
十何年か後には、気持ちがカラカラに枯れちゃって全然違う業界へ転職するなんて、たぶん信じないだろうなー
一生あの世界にいたいと思ってたから。


なんか変な話になってしまいました。
たぶん僕はバイク屋の彼が羨ましいのです。
後悔はしていないつもりだけれど、どこかに未練があるのかもしれません。
あれだけ好きだった世界ですから。

自分の好きなことを仕事として割り切らないといけないツラさはあるでしょう。
でもカラダを壊さない程度に、僕たちの大好きなあのお店を、家族みんなで楽しく続けていってほしいと思います。
また遊びに行くね!

本日の一枚
記念すべき新装オープンの瞬間(笑)
早起きして出掛けたおかげで、新店舗の冷やかし客第二号になれました。
なんでも最初のお客様が女の子だと商売繁盛とのことで、第一号の栄冠はnabizoくんの頭上に。
責任重大じゃん : )

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ