2006/4/29

こっふぇる梅太郎  

クリックすると元のサイズで表示します

先日、シュタイネさんでお茶を頂いたときに話題に上っていた穂高のパン屋さん。
若いご主人がお母さん仲間の間で人気があるらしく、スマップでいうと中井くん?えー!もっとカッコいいよと、仮面ライダーカブト的に盛り上がっている様子。

場所は穂高神社北側の広い駐車場の一角にある大きな建物の一階です。
ここって前は何だったんだっけ?
ア「神社とパン屋さんって不思議な取り合わせですね」
梅「うーん、うちは国産小麦を使ってますから、それでもいいのかな、と」
なるほどー
なんとなく納得です(笑)
八百万の神さまのお膝元で、こだわりの小麦と酵母と水と火と石から作られるパンは、風味・食感共に絶品です。

夜、ふらふらになって会社から帰ったときのご褒美にぴったり。
おいしいものを食べるとやっぱり元気が出ます。


本日の一枚
パンを乗せる“ざる”がイケてます。
木と白壁が目にも優しい店内にはテーブルもあって、パンと一緒にお茶も飲めるそうです。
おいしそうな暖簾が目印。

中井くんというより、真田広之?(ヒゲが)

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ