2006/7/14

向日葵  

クリックすると元のサイズで表示します

大好きな花です。

青空の下、水田の緑のその波の先に、鮮やかな黄の大輪が陽を浴びて立ち並ぶ姿は、僕の中にある安曇野の原風景です。
梅雨が明けて、そんな色彩の対比を楽しめるようになるまであと少し。
いまはまだ雲踊る空が主役です。

身の丈を超える大きさと、どこかしら顔のように見えてしまう花の付き方が、植物というよりは、言葉の通じる不思議な生き物といった印象を与え、長い花弁が揺れる可憐な小顔の個体から、貫禄たっぷりの熟年マダム風シードメーカーまで(笑)、安曇野の向日葵は、思わず声を掛けたくなる個性的なキャラクターがいっぱい。

この時期、自転車で走る楽しみのひとつですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ