2006/8/28

ゲーリーさん  

クリックすると元のサイズで表示します

金曜の夜遅くに出掛けた帰り道、松本の19号沿いを安曇野に向けてクルマで走っていたら、ふと視界のはじを手書きの文字の書かれたプラカードが流れて行きました。
あれ、なんか“HAKUBA”って書いてあったような??
ミラーを見るとどうやらヒッチハイク。
もう0時も回ってるのに難しいんじゃないかなーと思いつつ引き返してみると、大きなザックを背負ったガイジンさんです。
いつも白馬で遊ばせてもらっている身としては、そこに行きたいというひとを放っておくわけにはいきません(笑)
気の良さそうなこのアニキと一緒に、白馬まで真夜中のドライブを楽しんできました。

走り出して開口一番はお互いに「遅いねー(笑)」
こんな時間に何やってんだか。
ゲーリー・ウルフさんというこの方、聞けば、東京から週末の休みを利用して白馬岳を登りに来たとのこと。
ホントは夜行のムーンライト信州で白馬まで行きたかったらしいんだけど、チケットが取れず(全席指定だからね)、やむなく松本止まりの列車に乗ったのだとか。
でも明日松本からだと白馬に着くのが遅くなるので、クルマを拾ってとりあえず夜のうちに大町まで行こうとしていたらしい。
「大町で降ろしてくれたら白馬行きの始発に乗るから」と言うので、それなら直接現地まで行こうよと。
どっちにしろ駅で寝るには変わりないんだし。

と、このあたりの会話はすべて日本語。
アメリカはテキサス生まれのゲーリーさん、もう日本に来て十数年とのことで、現在は某ゼネコンにて社内の英語講師をされているそうです。
なので日本語はお達者なのですが、折角の機会なので、僕もカタコトの英語でお話をさせてもらい、彼のとても聞き取りやすい話し方もあって、会社でやってる英会話研修レベルのやりとりは楽しめました。
役に立ってますよ>>人事のみなさん
仕事じゃないけど(笑)

で、白馬の駅に着いたのは、もう本当に真夜中。
あれ、駅の待合室閉まってるよ。
どうやらゲーリーさん、駅舎の軒先で寝るようです。
風邪ひかないでね。
握手して名刺交換して(笑)写真を撮らせてもらってお別れしました。
帰り道はちょっと眠かったですが、思いがけず楽しい時間を過ごせた嬉しい夜でした。

ゲーリーさん、土曜は白馬山荘に泊まると言ってたけど、天気はどうだったのかなあ。
無事帰ってきてますかー?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ