(長月弐日) This time is different.  金融

四つの単語でできた言葉のなかで、最も高価なものは「This time is different.」という言葉を残したのは、今年4月90歳で生涯を終えた大物投資家、ジョン・テンプルトン卿である。彼は最も有名な相場格言である「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、陶酔のなかで消えていく」も残している。テンプルトン卿は1960年代に世界の投資家が全く見向きをしなかった日本株を大量に買い、バブル崩壊前の1980年代に売り抜けた手腕は世界的に知られている。一国で投資が完了していた米国でグローバルな投資を初めて実行した投資家でもあった。

テンプルトンが諫めた「今回は違う」という風潮は、このサブプライム問題が起こったときも同様だった。バーナンキ議長は3月のベア・スターンズ危機を乗り切った4月に議会で「銀行が損失を隠し続けた日本とは違う」と強調した。この油断が対応の遅れを招いたのではないか。また、シティグループのプリンズ前会長は昨年7月に「曲が流れている以上、踊らなければならない」と強気をぶったが、その一ヵ月後にBNPパリバショックが起こり、金融危機が本格化し始めたのである。「今回は違う」という罠の怖さを物語っている。

しかし、こうした中でバフェット氏はゴールドマン・サックスやGEの増資に応じ、飛び交う弾丸を避けつつ機会に狙っているし、米運用会社インベスコのフラナガン会長はテンプルトンの運用会社で直接薫陶を受けた人物であるが、傘下の投資会社で破綻企業への投資を始めている。格差社会というが、金持ちはますますそのチャンスを狙っているのである。

慌てるものは貰いは少ないというが、この世界だけはそれが分からないのである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ