(弥生廿弐日) 大和ミュージアム  

戦後60年という節の年であるせいか、先の中国や韓国の反日運動がとかく注目される。日本においても過去を振り返るということから、各地で記念館も建設されているのだろうが、先週オープンした呉の「大和ミュージアム」は最大の目玉である十分の1の戦艦大和の模型をメインにしながら、日本海軍の母港として発達した呉の歴史を振り返る施設であるとともに、松本零士監修の未来の技術をも紹介している。

正面入口に右に巨大なスクリューと大砲が目に入ってくる。思わずこれが大和のものなのと思ったが、それは呉の南、柱島付近で謎の爆発で沈んだ戦艦陸奥の実寸大のものだった。陸奥は戦艦長門と同型で、私が初めて作ったプラモデルでもあった。入場券を購入し、いざ館内へ。当然最初に目に入ってくるのが、目玉の「大和」である。あとで分かったのだが、これは入場券を購入しなくても正面からはその威容を見ることはできるが、やはり前から横から後ろから見ると、まさに芸術品というもので建造直後は日本もこのような戦艦を作れるのだという自信が溢れていたのではないだろうか。それが時代錯誤ということに気がつくまでは。

館内は海軍工廠としての呉の歴史を数々の資料を展示しており、見学者は子供連れが多かったのは意外だったが、呉市民の高校生以下は無料というのが効いているかもしれない。特攻潜水艦の回天や零式戦闘機も展示してあり、左の人には苦々しいばかりかもしれないが、歴史は平等に振り返るべきだと思う私には、それなりの展示だったように思う。大和乗組員の一人一人が銘記されたボードをなぞる老婦人がいて、思わず目頭が熱くなった。敗戦必至というなかで、上に服従しなければならない不条理を超えていった戦没者の気持ちを考えると、四国の実家にある伯父の墓標を思い出さざるをえない。働き盛りの長男を失った私の祖母。父に続き兄も失った私の父。普通の日本人が体験した不条理を60年という時間で埋めるということは人それぞれに異なるものだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ