(閏皐月弐日) 迂回献金  政治

西松建設から小沢一郎民主党前代表への献金問題では、あれほど一斉に足並みを揃えて検察のリーク情報を垂れ流していたメディアだが、現職の重要閣僚となると、毎日新聞だけが報じているのはなぜ?

<与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と渡辺喜美元行政改革担当相が総務省に後援団体として届け出ていた政治団体が、商品先物取引会社「オリエント貿易」(東京都新宿区)などグループ5社が企業献金をするためのダミー団体だったことが分かった。団体は92〜05年、与謝野氏側に計5530万円、95〜05年、渡辺氏側に計3540万円を献金していた。後援団体への寄付者には所得税の一部が控除される優遇制度があり、5社は毎年幹部社員ら約250人の給与から計約4000万円を天引きして団体に寄付させ、控除を受けさせていた。>

西松建設と全く同じ構図である。しかもこのケースは職務権限という点で、実は格段に悪質ではないだろうか。監督官庁の大臣を務めている時にカネを迂回献金でもらっているのだから。金融担当相の時の法案成立を巡っての時期にもカネを受け取っているというのは、職務権限にかかわり、かつ時効も成立していないのではないか。

ここまで書かれて検察が事情を聴かないとなれば、政府に対して弱く、野党に対しては強権を振るうという体質を自ら認めたことになりませんか。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ