(睦月壱拾参日) 配送トラブル  読書

ガッキィファイターで知られる日垣隆氏が自身でやっておられる即配便で氏の本を購入することが多い。気軽に?サ印をお願い出来るし購入方法がすごくラクというのもある。最大の理由は送料無料だし。でも最近はアマゾンも期間限定だったのに、無料が常態化しているようで、配送業者は大変だなあと思うところだ。

ところが一ヶ月ほど前に頼んだ文庫が未だこないので先日問い合わせをしたところ、発送はすでに終えているのだが配送で問題があったので、再送したとのメールを貰った。迅速な対応だったので、日垣氏に負けないくらいの喧嘩をやってやろうかと思っていたが、拍子抜け?、ははは。到着までが当方の責任という担当者の言葉に誠意を感じたのでね。

実は以前アマゾンでも当時配送していた佐川がこちらが受け取っていないのに、さも配送したかのような報告をしたことがあって、怒鳴りつけたことがあったのだ。また郵便物の遺失も経験しているし、結構こういうトラブルは経験値が高いので、各社がどういう対応をするかでその会社なり人物なりの評価を決めている。最悪は嘘をつかれることで、これが分かったら私は承知しませんよ、ワッハッハ。うちのポストがこうした書籍が入れにくい構造も問題なのかもしれないが、最近は面倒なので再送するよりもとりあえず置いておけというのも多いような気がする。さて、どうだろう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ