(霜月壱拾参日) 入院4日目  

本日は今回の入院のメインイベントである開腹手術の日である。何もイブの日でもなくいいのだろうが、今日は「大安」でもあるし?いい日だと自分に言い聞かせて当初から決めていた日程なのだ。

朝、恥ずかしながらも浣腸を2本!うううぅぅぅ。腸内をきれいにして手術衣に着替えて、車椅子へ乗ってから、いざ2階の手術室へ。ここでベットに移ってドラマで見慣れたライトの下に仰向けになる。いよいよ開始だ。まずは麻酔。この問題で前回は手術を断念しただけに、麻酔の先生も頑張ってもらって脊髄注射に成功。段々と感覚がなくなっていくのが分かる。そこに執刀医のH先生。それでは始めますよ、との声を聞いたか聞かないうちに眠りについた。(点滴で安定剤で催眠ということです。)いくつかの夢を見たようで、ふと覚めると「あれ、ここどこ?」と思ったら、最後の傷口を締める糸を切る音が聞こえてきた。終わりましたよ、との声にあっという間の出来事かと思うと3時間あまりの大手術。普段は1時間から1時間半で終了するのが普通のヘルニアの手術ですから、私の場合の難手術がお分かりかと思う。I先生は次の手術が進行中なので、後で説明しますからと言い残されて、私は病棟へ戻る。手術室の出口では愚妻が待っており、なぜか安心した。

病室は朝までいた部屋とは違って、二人部屋に移動。まだ麻酔が効いているので感覚が変だ。疲れからか何度となく眠りに落ちる。夕方になって、愚妻は明日は子供達を連れてきますからと一旦実家に帰っていった。しかし、この日の夜は言葉では言い表せない激痛に襲われるのである。
0




AutoPage最新お知らせ