(霜月廿九日) 休息日  

日曜日は休息日であることを実感。昨日は日中いろいろ動いたせいか、夕食後は身体が言うことを聞かず、すぐ横になるとそのままZZZ。なにか悪い夢ばかり見たようで、3時過ぎにふと目覚める。ブログの更新を済ませネットサーフィンをしているとまたまた疲れてきて、再びZZZ。二度寝が終わり目覚めれば9時か。およそ半日寝ていたというわけ。やっぱり半月の入院生活は予想以上に体力の維持が難しいようだ。

そんなわけで今日はひたすら身体を休めることに専念する。昼は年末の残してあった蟹を使って、カニスキというか蟹と野菜鍋で空腹を満たす。そして新年恒例のラグビーの大学選手権とバスケットの女子決勝を交互に観戦。ラグビーは関東学院の善戦で早稲田有利の前評判を覆すかと思われたが、最後は地力に勝る早稲田の勝利だった。関東学院のトライはいずれもターンオーバーからの逆襲で力で取ったものではなかったし、やはり守備の堅固さだけでは勝負に勝てないという証明でもあったように思われるがどうだろう。バスケットとはいうと、世代交代でJOMOがセミファイナルでライバル・シャンソンに敗れたため、第一シードのJALとの新鮮な対戦となった。アテネにも出場したJALのリーダー薮内は往年の名門樟蔭東の出身だが、彼女を中心にまとまったJALは一時逆転されたものの、終盤再逆転し初優勝。世代交代という難しさがJALに栄冠を与えたということだろう。

ベッドに横になってTV観戦になっているといつも間にか睡魔が襲ってきた。昼寝というよりも疲れからなのかも知れない。朝にテニスの練習で一時ごろに帰ってくるといった愚息もようやく帰ってきたようだが、相変わらず予定と現実が違う。何時に帰ってくるといって帰ってきたためしがないのだら、約束しなければいいのに、あほなやっちゃ。結局洗濯も食器洗いもする羽目になる。あ〜あ、ストレス溜まりそう。
0




AutoPage最新お知らせ