(師走八日 上弦) あれから10年  

今日の日経新聞をみていると、三井住友銀行の一面広告がとても印象的だった。神戸の象徴である風見鶏の上に広がる曇り空に1995年1月18日からの今日までのカレンダーが並んでいる。その日数、3653。気の遠くなるような数のようだが、あの日のことは今も鮮明に思い出せる。私の今までの人生で、死ぬかもしれないと思ったことはあの時だけだろう。

10年というのはマスコミにとっては区切りの時でもある。だからこそ、TVや新聞はこれでもかと洪水のように報道している。しかし、それは時間的な経過であり、そこに住んでいるものには決して区切りではない。毎日一生懸命生きている人もいれば、夢破れ希望を失った人も数多くいる。一言では言い表せない10年であり、人それぞれの人生がそこにはある。しかし、あの惨事で6433名の尊い命が奪われたのはまぎれも無い事実であり、無念にもこの世を去らなければならなかった人達の思いを私達は決して忘れてはならない。

私達は失ったものも大きかったが、あの当時ほど他人を思いやるというのが当たり前だったこの地域の人達を思い出して欲しい。しかし、周りの景色は高層マンションなどで変わっていき、人々のなかにもあの思いやりの心は薄くなりつつあるようだ。水道が止まり、電気やガスも出ない生活の中では皆が助け合わざるを得なかった。普通の生活が戻るにしたがって、段々と経済力の差があらわれてきた。そうした心の葛藤は経験したものしかわからないだろう。災害は自分がその立場にならない限り実感はない。地震列島である日本にいる限りは、多かれ少なかれその危険にさらされている。問題はそうした時に自分はどんな行動をできるかということだろう。10年前のように再び「美しい」行動を取れるだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ