(師走廿参日) 寒波襲来  

日記の更新が遅れたのは自宅に帰らなかったからである。会社を出たのが火曜日の朝の二時半!信じられますか!?検査のためとはいえ、これはいくら何でも人権無視ちゃう。近くのビジネスホテルへ向かっていると、空から白いものが降ってきた。毛糸の帽子をかぶっているが、耳がちぎれそうな寒さである。そんな中で、ダンボールを囲ってこの寒空の下で寝ているホームレスのおっさんの生命力は凄いなあと感心するばかりだ。

一日ほとんど食べていなく吉野家で豚丼を食べたが、半分ぐらい口にしたら、いきなり吐き気をもよおす。胃が荒れている証拠だなあ。ホテルでシャワーを浴びて横になった時は3時を回っていた。

普段の習性とは恐ろしいもので、5時には目が覚めてしまった。さすがに2時間の睡眠時間は辛いが、7時前でホテルをでて会社へ向かうと寒い寒い!ビル風が身体を吹き飛ばしそうだ。挙句の果てに今日も昼飯無しの検査対策。もう死にそうだ、身体ボロボロ。

夕方、堪忍袋がきれて、今日は帰りますと宣言して会社の奴を誘って酒をあおる。結構したたか酔ってしまって、歌舞伎の中村某になりそうだったが、かろうじてその筋にはお世話にならなかったようだ。久しぶりに自宅のベッドで横になろうと思ったら、携帯が鳴る。誰だと思ったら会社からだ。嫌な予感がする。案の定、朝から文書作成せよとのこと。ハイハイ何でもしますよ。ゲロゲロ。
0




AutoPage最新お知らせ