(睦月壱拾壱日) 上京二日目  

昨晩はいろいろありました。久しぶりの顔が懐かしく関西にいても忘れられないようにしなきゃあと自戒しながらも、会社という組織の難しさを再認識したのも事実。とかく日本の会社は波風をおこさないようにすることがベターで、異端者は嫌われるということだ。

さて、二日目は結果が出ている試験問題をRPG形式で討論する意義が全く理解できず疲れるだけ。午後も情報収集をたのんまっせとばかりの押し売り攻勢に嫌気が差す。自分たちはこれができる、こういったセールストークがあるというプレゼンならともかく、選挙じゃあるまいしお願いしますコールだけなら、なにも集合研修する必要もないだろう。懇親が目的の研修なんてくそくらえである。

本来ならば今日は宝塚でFPの対するセミナーがあって、不動産に関する勉強をするはずだった。もちろんこれは無料ではないし、それなりの講習費用を前払うものだが、今の自分に必要な知識を身に付けたいと思えば有料だろうが参加するものだ。今回の研修との差とはいうと極論すれば費用の問題だろうが、いくら無料の研修とはいえ二日間も時間をつぶすほどの内容かどうかとなると疑問が残るという程度ではない。日本人は情報はただであるという習性から抜け出せないのは、このように会社の研修で情報が垂れ流し状態というのも情報の価値を無くさせている一因ではないだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ