(如月壱拾八日) イースター  

キリスト教国では聖なるイースター、復活祭ということである。この日記ではイースターの決め方について何度も書いてきたが、改めて確認すると、イースターは春分の日を過ぎて、最初の満月を過ぎた最初の日曜日という決め方をする。今年の場合は、昨日26日が満月だったため、今日が最初の日曜日ということで本日が当日というわけだ。ところが、春分の日の前日が満月であった場合はどうなるか、当然満月はほぼ一ヵ月後の4月20日頃、それから最初の日曜日となると4月下旬となるわけだ。かように幅があるわけで、西暦というと太陽暦であるのに、お月様の満ち欠けが関連するというのも変な話で、これが神様の悪戯かなという気もするわけだ。

しかし、ロンドンはイースターマンデーということで四連休である。日本が期末の時にこのようにLDNが休みというと、市場関係者は結構大変なのである。ユーロ債の起債はLDNだし、短期金利の基本となるLIBORのチェックなど、いろいろしなければならないことが多いので、この時期の連休はちょっと辛いのですよ。
0




AutoPage最新お知らせ