(如月廿四日 下弦) 検診  

済生会病院で糖尿病の改善のため診察を受け始めたのは、昨年の広島での手術断念後の9月下旬だった。ダイエットのための栄養相談を始めて、入院した12月下旬には10キロ減量に成功し、ヘルニア手術を無事終えることとなった。その後の経過ということで前回2月の検診では、血糖値が100を切るなどほぼ正常値になった。全ては体重の減少に起因していたのである。

しかし、普段の生活に戻ると、週3回ぐらいはアルコールを飲む機会になり、カロリー過剰摂取は間違いないし、今までの反動で甘いものも食べるようになったり、何でも「タベルノスキー」状態が復活し、胃が休まることがない。一時裸で83キロ台まで落としたのに、それが徐々に85キロを切るのが精一杯なのだ。それだけの久しぶりの検診は少しこわごわ。まだ診察開始前だが、検査は可能なので、血液検査、尿検査と済ませる。その結果がわかるまで近くのドトールでミラノサンドとアメリカンで朝食。9時を回ったところで、再び病院へ向かい、順番を待っていると予約順ということですぐ呼ばれ、肝心の結果を聞く。恐る恐る数字を見ると、前回よりは血糖値は上がっているものの、110ぐらいでまあ正常値の範囲内。中性脂肪は逆にますます減少し、70まで落ちている。半年前には160もあったのだから、よく落ちたものである。

とはいえ、アルコールの摂取はカロリー過剰になることは間違いないし、常に体重コントロールをチェックしないと、元の木阿弥になるのは云うまでもない。でも誘惑には弱いBOZZなので、困ったもんだ、ははは。
0




AutoPage最新お知らせ