(弥生壱日 朔) 大読書会  

ジャーナリストの日垣隆氏を迎えて「大読書会」なる集会に参加した。普通は読書会といえば、よくて10人ぐらいまでだろうが、「大」と名がつけば50人あまりの大集会となったわけである。まあ、日垣ファンという人が圧倒的に多いのでしょうが。

むっとするような春の陽気が漂うJR新大阪駅東口をでて、ホテル新大阪の別館の会議室には1時の開始前にはすでに半数以上の参加者がたむろしていた。定刻をもっていざ開始。司会の女性が異様にテンション高くて(と思ったのはまちがい。あとでえらいことに気付かされる羽目になる。)ちょっとついていけないかもしれないなあと思ったが、日垣氏の落ち着いたコメントでスムーズに時間が流れていく。最初は2チャンネル出身の異色の本である「電車男」。確かにこの本の批判はいくらでも出来そうだが、この手の本が今後続出するのは間違いないだろう。そのときに困らないためにも素直に一度読んでみたらというのが日垣氏の意見。大人の発言ですな。

その後は日垣氏の読書方法というか、知的生産をいかにアウトプットさせるかというお話が続いていく。参加者の意見、質問を交えての会は途中休憩もほとんどなく進み、気付けば外は真っ暗の7時半。6時間余り続いた会議も久しぶりだなあ。途中花粉症のだるさから睡魔が襲ってきたが、なんとか持ちこたえたというところか。最後に途中発言のなかった参加者に一言ということで、私も言わせてもらえましたが、ここで司会者の実力を見せつけられる。席順は特に決まっておらず、各々が勝手に座っていたのですが、全て名前を席順の名前を把握しており、尚且つ既に発言したかどうかもチェックしていたのですよ。これには恐れ入りました。日垣氏と一緒にイラクにもいったとか、バイタリティーのある方ですねえ、この女性は。キャリアウーマンそのもの、光ってましたよ。少し早口を除けばね、ははは。

出版関係やメディア記者も多数来ていたが(20代の若手がほとんどですが)皆さん熱心にメモをとっておりましたな。日垣氏のコメントが全て正しいとは限らないでしょうが、その読書量は半端じゃないのは充分理解した。執筆活動のためというだけでなく、その読書のあり方というのは一般人にも通じる。とりあえず偏見を持たず素直に読んでみること。判断するのはそれからであり、読まず嫌いというのが拙いというのはそのとおりだと思った。何でも試してみるという彼の突出した行動力には敬服するばかりだ。
0




AutoPage最新お知らせ